FC2ブログ

毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

四旬節第2主日



四旬節ですが、わたしにとってこの時期は、さくら餅の季節でもあります。
南相馬市原町区では、野馬追祭場の近くにある「遠藤菓子舗」がお勧め!
かなり年配のご夫婦だけでやっておられる小さな和菓子屋さんです。

●四旬節第2主日
 聖書箇所:創世記22・1-2, 9a, 10-13, 15-18/ローマ8・31b-34/マルコ9・2-10
               2021.2.28カトリック原町教会
 ホミリア
 昨年2020年6月13日にペトロ・ネメシェギ神父が天に召されました。97歳でした。ネメシェギ神父はハンガリー出身のイエズス会司祭で、40年間日本で働き、上智大学神学部教授として、多くの神学生を教え、多数の優れた著書を残され、多くの日本人にキリスト教信仰の素晴らしさを伝えました。わたしも神学生として、たくさんの講義を聞き、たくさんの本をとおして勉強させていただきました。1990年代、故国ハンガリーで共産主義政権が倒れ、教会に自由が回復され、70歳でハンガリーに戻り、神学教育や信徒養成をとおして27年間、ハンガリーの教会の復興のために働かれました。
 ネメシェギ神父は日本にいたとき、特に日本人の教区神学生の養成を大切に考えてくださり、イエズス会の修道院ではなく、教区の神学校(東京カトリック神学院)に住んでおられました。わたしが神学校に入学してから卒業するまで、6年間生活をともにさせていただきました。いや、わたしは卒業して6年後に神学生の指導者として、もう一度神学院に戻りましたが、その時もネメシェギ神父は教区の神学院におられましたので、10年近くご一緒させていただきました。たくさんの思い出があります。
 当時の東京カトリック神学院には、世界中の神学校の中で多分ここにしかない、と思われるような大浴場がありました。ネメシェギ神父はそのお風呂が大好きで、神学生と裸の付き合いをしてくださいました。神父のバスタオルが汚いのに驚いた記憶もあります。いくらでも新しいタオルがあったでしょうに、古いボロボロのバスタオルを使い続けている、そういう超清貧なところがありました。

 今でも思い出すのは、神学校に入ったばかりの頃、何かの行事の帰りに一緒に地下鉄に乗った時のことです。相手はとても偉い先生なので、わたしは何を話せば良いのかわからず、こんな質問をしました。
 「四旬節の主日のミサでなぜ、主の変容の場面が読まれるのですか?」
 今日の福音の箇所ですね。神学生になったばかりのわたしには四旬節になぜこの箇所が読まれるか、不思議だったので、質問したのです。それに対するネメシェギ神父の答えは、「レオ1世教皇様の説教集を読みなさいねー」というものでした。すぐに答えてはくれないのですね。今だったら図々しく「簡単に教えてください」というところですが、当時はそんなこと言えません。それで神学校に戻って、図書館に行きました。

 幸い、レオ1世教皇の『キリストの神秘』という本の日本語訳が見つかりました。
 レオ1世は5世紀半ばのローマの司教(教皇)でした。当時はゲルマン民族の大移動の時代、レオ1世は、ローマに侵入しようとしてきた民族のボスと交渉し、平和的な解決を求めたことで知られています。また、カルケドン公会議では、ローマの司教として、東方の司教たちとのつながりを確固なものとして示したことでも知られています。
 そして、多くの説教を残していて、それが『キリストの神秘』という本になっていたのです。その中に四旬節の説教もあり、主の変容の箇所のことが述べられていました。山の上でイエスの姿が光り輝いた、というのは、イエスが受難をとおって受けることになる栄光の姿を、三人の弟子だけに特別な形で示し、それによって、受難のイエスにつまずくことなく、イエスに従うよう励ますものだった、というようなことが述べられていたと思います。だからわたしたちもイエスの後に従っていこう、と。
 四旬節に変容の箇所が読まれるわけは分かりました。でもそれ以上にわたしには、5世紀からもうすでに四旬節には変容の箇所が読まれ、その伝統が今の教会にまで繋がっているということが驚きでした。ネメシェギ神父は神学生の質問に簡単に答えるのではなく、その質問をきっかけにして、もっと勉強させようとしていたのだということもよく分かります。本当に偉大な神学教師だったと思います。

 そういうわけで四旬節第2主日になると、いつもネメシェギ神父とレオ1世教皇のことを思い出します。
 この栄光のイエスの姿は、受難と死をとおって、イエスが受けることになる栄光の姿なのです。イエスはここから受難の道を歩み始めますが、それは本当に栄光への道であり、それこそが神の「愛する子」としての道なのです。そして「これに聞け」と言って、ペトロと他の弟子たちはイエスに従うように招かれるのです。
 四旬節のテーマがここに示されています。
 受難の道、十字架への道。それは本当は受難と死をとおって、復活のいのちに向かう道。あなたがたもこの道をイエスの後について歩んできなさい。それが四旬節の大きな呼びかけです。
 回心の行いとして、「祈り、節制、愛の行い」が勧められるのも、イエスのこの歩みに連なるためです。この四旬節、イエスが十字架に向かう中で、どのように祈られたかを深く味わいましょう。どのように自分を捨てていかれたかを深く感じ取りましょう。そして、どのようにすべての人を愛し抜かれたかを、深く黙想しましょう。そのイエスの祈りと自己放棄と大きな愛にわたしたちもなんとかつながっていたいのです。

 今年の四旬節の教皇メッセージで、フランシスコ教皇は、四旬節は、「信仰、希望、愛を新たにする時」だとおっしゃっています。これも大切にしたい点です。
この四旬節をとおして、受難と死を経て復活に向かうイエスの歩みを見つめながら、わたしたちが、本当に信仰を、希望を、愛を深めることができますように、心を合わせて祈りましょう。


PageTop

四旬節第1主日



春の花を探しに行ったのですが、冬の花しか見つからず。
説教メモも中途半端なものですみません。
詩編91編をもっと深めなければ、と思っています。

●四旬節第1主日
 聖書箇所:創世記9・8-15/Iペトロ3・18-22/マルコ1・12-15
           2021.2.21カトリック原町教会
 ミサのはじめに
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1月17日からの5回の主日のミサ、そして1月30日の創立70周年記念ミサを行うことができませんでした。ミサを中止にしたのは「医療といのちを守るため」でした。状況は少し好転し、希望も見えてきました。わたしたちの犠牲は決して無駄ではなかったと思います。
 今日は四旬節第1主日のミサですが、このミサの中で原町教会献堂70周年を祝い、特にこの10年間でいただいたすべての恵みに感謝し、これからの導きを祈り求めましょう。
そしてまた、コロナで苦しむすべての方、この病と戦っているすべての方のために祈りましょう。また地震で再び大きな不安を感じられた方々のためにも。

 ホミリア
 四旬節第1主日ですが、今年、原町教会では洗礼志願式がありません。これまでほぼ毎年、洗礼志願式を行なってきたので、ちょっと寂しい思いがします。一つの原因はやはり新型コロナウイルスの影響です。この一年、「どうぞ教会に、遠慮なくどんどんいらしてください」とは言えない状態が続いてきたからです。早くコロナの問題が収束して、わたしたちがもっと周囲の人々を、教会やミサにお誘いすることできるようになれば、と切に思います。せめて心は内向きにならないようにしましょう。

 さて、四旬節第一主日には毎年、イエスの活動のはじめにある荒れ野での誘惑の場面が読まれます。四旬節の40日間はここから採られていて、まさにこれが四旬節の原型だからです。今年はマルコ福音書の箇所です。マルコはマタイやルカと違ってサタンの誘惑の内容を伝えません。その代わり、「その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた」と伝えています。これは何を意味しているのでしょうか?
 思い出すのは詩編91です。『教会の祈り』の中の主日・祭日の「寝る前の祈り」で親しまれている詩編です。典礼訳ではこういう箇所があります。
 「夜中しのび寄る疫病も、昼間起こる災いも、恐れることはない。
 右に千人、左に万人倒れても、危険はあなたに近づかない。」
 コロナ禍の中で聞くと、特別な響きもありますが、どんな時も、どんなことがあっても神は守ってくださる、というのですね。だからその神に信頼せよ、と呼びかける詩編です。

 また、
 「神があなたのために、使いに命じ、あなたの進むすべての道を守られる。
 足がつまずかないように、神の使いは手であなたをささえる。
 あなたは獅子とマムシを踏みつけ、若獅子と蛇を踏みにじる」
とも言われます。神に敵対し、人を害するものはなくなってはいません。でも、神の使いの助けによって、それらに打ち勝つというのです。今日の福音の「野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた」というのはこの詩編のイメージなのかもしれません。
 神のこの大きな守りの中でどう生きるのか、それが問われます。
 3つの道があります。一つは「主を無視する」ことですね。現代では一番多い態度でしょうか。人間の力がどんどん大きくなっていき、すべては人間の力によることだ、となっていくと、神の守りなんていう意識はなくなってしまいます。無視されてしまうのです。

 次の態度は「主を試す」という態度です。
 実はこの詩編91は、マタイとルカではサタンが引用している詩編です。
 「神があなたのために、使いに命じ、あなたの進むすべての道を守られる。
 足がつまずかないように、神の使いは手であなたをささえる。」
 サタンはここを引用して、イエスに向かって、神殿の屋根の端から飛び降りてみろ、と誘惑するのです。それに対して、イエスは「あなたの神である主を試してはならない」と答えました。神の守りが絶対にあるから、マスクなんかしなくても大丈夫、とか、ソーシャルディスタンスなんか取らなくても大丈夫、って言っているのと似ているでしょうか。本当に人間としてなすべき最善のことをせずに、神が何とかしてくれるだろう、という態度、それは「主を試す」ことになる態度です。

 もう一つの態度は「主に委ねる」という態度です。
 「ワクチンがコロナの問題を解決する切り札だ」という言い方がよくされます。その通りでしょう。そこで、ワクチンを開発し、適切に分配し、運搬し、保管し、接種する。さらに経過観察もする。そのためにすごい努力が払われています。素晴らしいことです。でも、すべてが人間の思い通りに行くとは限らない。人間の力を超える大きな力に信頼し、委ねるしかないこともあるのです。人は努力します、でも人が結果を作り出すことができるとは限らない。ある意味で結果は神のもの。その神に委ねることはとても大切です。
 神は必ずわたしたちに良いものを与え、わたしたちを守ってくださる。もちろんすべてが人間の思い通りになるとは限らない。でもその神に信頼し、自分を委ね、日々を誠実に歩んでいく。それがわたしたちの歩みです。人が生きることを望んでおられる神に信頼して、どんな状況の中でも、神の配慮に自分を委ねて、今、自分にできる精一杯のことをしていく。そこに立つことができますように。
 そもそもわたしたちはどこから来たのか。わたしたちは皆、神や両親や周りの人々の大きな愛によって、生かされ、守られてきたのです。いつの間にか、自分の力で何でもできると思い込んでいるとしたら、それは大間違いでしょう。
 さらに言えば、自分たちさえワクチンが受けられ、自分たちだけがコロナにならなければいい、というのも大間違いです。本当に神の望みが実現しますように、と祈りながら、歩んでいきましょう。

 神に委ねて生きるというは今日の福音の後半のイエスの呼びかけともつながっています。
 「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」
 主のいつくしみに信頼して、主のいつくしみにすべてを委ねて、その中で日々を精一杯生きていくように、という呼びかけではないでしょうか。今年も四旬節をとおして、十字架に向かって歩むイエスとともに、わたしたちも信頼と希望と愛を持って歩むことができますように。


PageTop

2月15日以降のミサについて



 カトリック原町教会からのお知らせです。

 2月12日(金)の福島県の発表によれば、1月13日に始まった「福島県新型コロナウイルス緊急対策」は2月14日で終わり、2月15日以降3月31日までは「重点対策期間」ということになりました。新規感染者数が減少し、医療のひっ迫状況も改善してきていると判断されたためです。重点対策期間においても、県民に対して「緊急事態宣言対象地域を始めとする感染拡大地域との不要不急の往来自粛」(3月7日まで)などが求められますが、これまでの一般的な「不要不急の外出自粛要請」は省かれています。
 この県の発表を受けて、カトリック原町教会では、2月7日にお知らせしたとおり、2月15日以降、「会衆の参加するミサ」を再開することにいたします。これまで同様の感染防止対策を取るとともに、密集を避けるため、当分の間、主日には7時と10時の2回ミサを行うことといたします。7時のミサに参加できる方は、できるだけ、そちらにご参加くださいますよう、お願い申し上げます。
 2月7日の手紙の以下の箇所も繰り返しておきます。よろしくお願いいたします。
 「マスク着用、小まめな消毒、換気に備えての防寒対策など、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。また、他教会の方が原町教会のミサに来られることは当分の間、ご遠慮ください。なお、引き続き、主日のミサに与る務めは免除されていますので、体調の優れない方、高齢などの理由で感染を心配されている方は参加をお控えください」


PageTop

年間第6主日



二重焼きが手元になかったので、大堀相馬焼のぐい飲みです。
「道の駅なみえ」で見つけ、気に入って買ってしまいました。
では、説教メモです。どうぞ。

●年間第6主日
 聖書箇所:創世記3・16-19/Iコリント10・31-11・1/マルコ1・40-45
                2021.2.14非公開のミサで
 ホミリア
 大堀相馬焼というのを初めて知ったのは、ハンセン病の国立駿河療養所でのことでした。
 わたしが神学生の頃、東京カトリック神学院の神学生たちは毎年、静岡県御殿場市にある神山復生病院というハンセン病の療養所を訪問していました。ここは1889年、テストウィード神父というパリ外国宣教会の神父によって始められたカトリックのハンセン病病院で、戦前、神学院の教授であった東京教区の岩下壮一神父が院長を勤めたこともあって、東京の神学院とは長い間、関係が深かったのです。今はもう元患者の方もほとんど残っていらっしゃらないのですが、わたしが神学生の頃はまだかなり多くの方が生活しておられました。
 神山復生病院では、ある種、修道生活のようなことが求められていて、患者同士が結婚することは認められていませんでした。そのため、結婚を希望する患者は同じ御殿場市にあった国立の駿河療養所に移ることになっていたのです。それで、駿河療養所にもカトリックの共同体ができていき、聖堂もありました。そこでも一緒にミサに参加させていただくことがありました。ミサの後、一緒にお茶を飲みながら、お話しさせていただくのですが、その時に、元患者の多くの方が使っていたのが、大堀相馬焼の二重焼の湯呑みでした。器が二重になっていて、熱湯を入れても外は熱くならないのですね。
 ハンセン病の方は末梢神経が冒されて、触ったものの熱さを感じることができず、たとえば熱い湯呑みを持つと火傷してしまう。そういう方々にとって、この大堀相馬焼の二重になった湯呑みはとても役に立つものだと教えていただきました。わたしは浜通りに来て、大堀相馬焼の焼き物を見た時、すぐにあのハンセン病の方々のことを懐かしく思い出しました。

 今から思えば、ハンセン病の患者に対する国の誤った強制隔離政策があり、それを是認した上でカトリックの医療ケアや司牧が行われていたわけで、患者の人権という観点から見たら、やはり批判されなければならない面がありました。
 近代の日本では先程の神山復生病院のように、キリスト教が当時の日本で見捨てられていたハンセン病の方々に先駆的に関わって、お世話をしてきた歴史があります。しかし、日本のカトリック司教団は2019年に「ハンセン病に関わる日本カトリック司教団の謝罪声明」を出しています。その中で次のように述べられています。
 「ハンセン病について世界では、1943年に特効薬プロミンが開発され速やかに治癒する病気になったことを受け、1956年の『ローマ宣言』(患者の保護及び社会復帰に関する国際会議決議)で、『らい予防法』のような差別的な法律の撤廃が宣言されました。にもかかわらず、日本の国策は変わることなく、終生絶対隔離が続けられました。
 日本の司教団は、ハンセン病患者を隔離し絶滅させるという国策に対し反対することもなく、入所者のみなさまの奪われていた権利の回復を求めるのでもなく、人生被害を増大させたことに気付かず、当事者の権利を守る視点に立てませんでした。そして、ハンセン病患者・回復者、その家族に対し、長い間、言葉にできないほどの苦しみを与えてしまったことを深く反省します。」

 すごく苦しい声明だったと思います。先輩のカトリック信者の中に、本当にハンセン病患者のために生涯を捧げてきたような方がたくさんおられる。それでも、教会として謝罪しなければならない過ちを犯していた。それはどんなに素晴らしい療養所にしようとしていたとしても、キリスト教的なユートピアができたと自負していても、隔離の必要もない人をそこに閉じ込めておくことは、とんでもない人権侵害だ、という観点の欠如でした。なぜ、そんな風になってしまったのか? 分かりませんけれど、もしかしたらいつの間にか、「この人たちは弱い人たちで、わたしたちがお世話をしなければならない」と思い込み、療養所の存在を当たり前にしてしまったのではないか、とわたしは思うのです。
 それは今の女性差別問題ともつながっているように思います。男性から見て、女性は弱く保護しなければならない存在だということになると、その女性は立場を弁えて自分の意見を言うべきではない、ということになる。お前たちのことは俺たちが決めてやるから、黙っていろ、そういう考えが生まれてくるのです。人としての自由を、自己決定権を平気で奪ってしまうのです。
 いや、それはオリンピックだけの問題ではないのです。わたしたちは苦しんでいる人をなんとか助けたい。少しでもお世話をしたい。そう願います。でも、そう願っていると、いつの間にかその人を弱者として自分たちの下に見て、その人たちがわたしたちに従うのは当然、自分の意見をもったり、自己主張したりするのはとんでもない、ということになってしまうかもしれません。それは本当にその人を人として尊重していることになるのか。本当に厳しいけれど、真剣に問わなければならないと思います。

 さて、今日の福音です。
 イエスはたまたま出会った重い皮膚病の人をいやしました。そしてこうおっしゃいます。
 「だれにも、何も話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めたものを清めのために献げて、人々に証明しなさい。」
 イエスはこのような不思議ないやしによって自分の評判が広まることを望んでいません。ただただ、彼が苦しみから解放され、自分の人生を取り戻すのがイエスの望みだったのでしょう。レビ記の規定では、当時、この病の人について、こう規定されていました。
 「重い皮膚病にかかっている患者は、衣服を裂き、髪をほどき、口ひげを覆い、『わたしは汚(けが)れた者です。汚れた者です』と呼ばわらねばならない。この症状があるかぎり、その人は汚れている。その人は独りで宿営の外に住まねばならない」(レビ13章45-46節) 。
 この人は汚れた人間とされ、神からも人々からも断ち切られているのです。イエスから見れば、それは決して神の望みではありません。この人も神の子としての尊厳を持って生きられるはずだ、イエスはそう確信してその人を「清い」と宣言します。「祭司に体を見せる」のは彼がもう「清くなった」と宣言してもらうため、そして社会復帰するための宗教的な手続きもするようにおっしゃっています。イエスは彼が本当に人として、自由に自分の人生を選べるように、サポートしていると言えるのではないでしょうか。
 出会う人・関わる人を尊重するとはどういうことか、私たちも本当に問われていると思います。

PageTop

ミサ中止の1週間延長について



カトリック原町教会では、会衆の参加するミサの中止を1週間延長することになりました。
以下、それに関する手紙です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      2021年2月7日
                    担当司祭 幸田和生

      ミサ中止の1週間延長について

カトリック原町教会信徒の皆さま

+主の平和

 福島県は、新型コロナウイルスの新規感染者の急増及び県内医療体制のひっ迫という状況の中、1月13日から2月7日までを「福島県新型コロナウイルス緊急対策期間」とし、県民・事業者に対して、さまざまな協力を求めてきました。県からの「不要不急の外出自粛要請」に応え、わたしたち原町教会は、医療といのちを守るために1月17日から2月7日まで、主日の10時のミサを中止することにしました。
 県民の努力により、最近の感染状況や医療ひっ迫度合いには改善傾向が見られますが、福島県の内堀知事は、2月4日付の県民へのメッセージにおいて、「福島県新型コロナウイルス緊急対策期間」を2月14日まで1週間延長する、と発表しました。これは「緊急対策の終了後、短期間のうちに再び病床がひっ迫することが無いよう、安定して医療を提供することが可能な状態を継続できるよう」にするための措置です。このため、原町教会でもミサ(及び聖体拝領の式)の中止を2月14日まで延長することにいたします。

 ミサに与ることができない、ということは、カトリック信者にとって、たいへん大きな犠牲です。皆さまにはこれまでお捧げくださった犠牲に感謝するとともに、もう1週間の犠牲をお願い申し上げます。ちょうど四旬節を迎える季節になりますが、「医療といのちを守る」ことを第一に考え、キリストの愛に結ばれて今年の四旬節・復活節を迎えることにいたしましょう。
 感染された方々のため、医療に従事される方々のため、亡くなられた方々のため、さらに経済的に追い詰められている方々のために祈り、また、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が早く終息しますよう、それぞれの場で祈り続けましょう。

 なお、2月14日をもって福島県の外出自粛要請は解除される見込みですが、確定しているわけではありません。万が一、再度の延長などがあればまた連絡を差し上げます。
 そうでなければ、以下のようにミサを再開いたします。

  2月17日(水) 灰の水曜日 7:00ミサ(どなたも参加できます)
  2月21日(日)  四旬節第1主日 7:00と10:00、2回のミサ
                (9:00-9:45聖書講座)
  翌週以降も当分の間、主日のミサは2回行うことにいたします。

 密集を避けるため、7:00に参加可能な方はなるべくそちらにお願いします。当然のことながら、これまで以上の注意をしながらの再開ということになります。マスク着用、小まめな消毒、換気に備えての防寒対策など、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。また、他教会の方が原町教会のミサに来られることは当分の間、ご遠慮ください。
 なお、引き続き、主日のミサに与る務めは免除されていますので、体調の優れない方、高齢などの理由で感染を心配されている方は参加をお控えください。

   (中略)

 どうか世界中の人々が力を合わせて、このパンデミックを乗り越え、素晴らしいイースターを迎えることができますように。アーメン。
 神さまの祝福が皆さんの上に豊かにありますようお祈りしています。

PageTop