FC2ブログ

毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

年間第29主日



原町教会の香部屋の棚、あまりに古くてどうにもならなかったのですが、ボランティアのSさんが開かないひきだしを取り外し、塗装し直してくれました。ひきだしのあった部分はシスターEがカーテンを付けてくれて、見違えるようになりました。感謝です。

●年間第29主日、世界宣教の日
 聖書箇所:イザヤ53・10-11/ヘブライ4・14-16/マルコ10・35-45
       2018.10.21カトリック原町教会
 ホミリア
 10、11月の主日のミサでは第二朗読でずっとヘブライ人への手紙が読まれています。7週間続くのですが、なかなかお話しするチャンスがないので、今日話したいと思います。
 この手紙の一つの特徴はイエスを「大祭司」と呼ぶことです。古代イスラエルには12の部族がありましたが、祭司はレビ族と決まっていました。イエスはユダ族でしたから本来、祭司でも大祭司でもありえない。でもそのイエスこそが本当の意味での祭司職を完全に果たされた、という意味でこの手紙はイエスを「大祭司」というのです。
 祭司職の本質は何か。東京教区に澤田和夫という神父さんがいて、今、98歳になられます。昔書かれた文章の中で、澤田神父は祭司職の本質を「橋渡し」と言いました。神殿に仕え、動物のいけにえをささげるのが祭司の表面的な務めですが、そのことをとおして本当に目指しているのは、神と人とを一つに結ぶこと、神と人との橋渡しになることなのです。「橋渡し」のイメージ。神と人との橋渡しになる。そのために必要なことは、一方で神に完全に一致していること、もう一方で人々と完全に一致していることです。

 旧約の大祭司は、その使命を不完全にしか果たすことができなかった、とヘブライ人への手紙は言います。
 「1大祭司はすべて人間の中から選ばれ、罪のための供え物やいけにえを献げるよう、人々のために神に仕える職に任命されています。2大祭司は、自分自身も弱さを身にまとっているので、無知な人、迷っている人を思いやることができるのです。3また、その弱さのゆえに、民のためだけでなく、自分自身のためにも、罪の贖いのために供え物を献げねばなりません。」(ヘブライ5・1−3)
 人間ですから、自分も弱さをまとっているので、弱い人間とはある意味で一致している。でも罪人なので自分のために罪の贖いが必要。そういう面で神との完全な一致がない。

 イエスは違います。徹底的に神の「み心を行うために」来られた(10・7)。だから神との間に断絶がない。神と完全に一致している。と同時に人々とも完全に一致していた。今日の箇所では、「あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われた」と言われています。またこういう箇所もあります。
 「7キリストは、肉において生きておられたとき、激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。8キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。」(5・7-8)
 本当にわたしたちすべての人間と同じように試練を受け、苦しまれた。そこにすべての人との一致があります。その意味で、旧約の祭司にくらべてはるかにわたしたちの近くにおられる方なのです。今日の箇所では「罪を犯されなかったが」とあります。これは他の人間と違うこということを強調するための言葉ではありません。完全に神と一致していたことを強調するために言葉です。
 とにかくこのように神と完全に結ばれ、人々と完全に結ばれた方だから、イエスは完全な意味で神と人とを一つに結ぶことができた。この大祭司イエスがいてくださるのだから、わたしたちは大胆に恵みの座(=神ご自身に)近づくことができる。これがヘブライ神への手紙の救いのイメージです。
 
 その中でもう一つ大切な言葉は、「兄弟」という言葉です。2章17節にこうあります。
 「それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。」
 この兄弟という言葉の中に、イエスとわたしたちの間の本当に深い結びつきが表されています。イエスがわたしたちの兄弟となり、兄弟として生き、兄弟として苦しまれ、兄弟として死なれた。そこにものすごい恵みの世界があります。ヘブライ人への手紙2章11節には、「イエスは彼らを兄弟と呼ぶことを恥とされない」という言葉があります。この恵みの大きさをほんとうに感じたい。

 さて、福音はイエスの生き方、十字架の死の意味をもっともはっきりと語る箇所です。
 「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(マルコ10・45)
 「仕える、僕(しもべ)となる」と言われていますが、それはただ単に人にサービスをするというよりも、自分を低くしていく、虚しくしていくというイメージだと思います。それはもっとも小さな人、もっとも苦しむ人と一つになっていく道だったとも言えるのではないでしょうか。

 神は人間を上から救わないのです。
 何か大きな力をもって、わたしたちを天に引き上げてくださるとか、この世界をがらりと変えてくださるとか、そう期待をしたくなることがたくさんあるかもしれません。でも神様のやり方はそうではない。
 イエスを兄弟として、仕える者として、しもべとして、わたしたちに遣わされたのです。
 それは本当に人間を、あらゆる人を尊重するやり方だったと言えるのではないでしょうか。それはわたしたちひとりひとりが本当にイエスに結ばれ、わたしたち自身も神の子であることに気づかせるためだったと言ったらよいのではないでしょうか。そして、わたしたち自身が神の子としての自覚を持って、兄弟愛(ヘブライ13・1)に生きるため!
 この本当に大きな恵みを今日もミサで祝います。この神の救いの恵みのうちに、わたしたちがイエスとともに、本当に神の子として、互いに兄弟姉妹として生きることができますように。アーメン。


PageTop

年間第28主日



やっぱりアルメイダの話です。本当はもっと詳しくお話ししたかったのですが・・・

●年間第28主日
 聖書箇所:知恵7・7-11/ヘブライ4・12-13/マルコ10・17-30
           2018.10.14カトリック原町教会
 ホミリア
 先日、福岡と熊本で講演をしてきました。せっかく熊本まで行くことになったので1日時間をとって天草巡礼をさせていただくことにしました。崎津の集落が潜伏キリシタンの世界遺産の一つに含まれていたこともあって、観光客や巡礼の方も多くいました。崎津教会、大江教会、また、天草四郎や2008年に列福されたアダム荒川ゆかりの地を目指して来ていた人が多いようでしたが、わたしのお目当てはルイス・デ・アルメイダでした。天草の殉教公園というところに舟越保武のアルメイダ像があるということは前から知っていて、実物をぜひ見てみたいと思っていたのです。

 河浦(河内浦)というところにアルメイダ上陸記念碑がありました。天草地方に最初に宣教に行ったがアルメイダだったのです。そのときアルメイダはイエズス会のイルマン(修道士)でしたが、当時の日本のイエズス会の責任者コスメ・デ・トーレス神父は、宣教師を派遣する必要が生じるといつも真っ先にアルメイダを派遣しました。とても信頼が厚かったようです。そして本当によく働いた宣教師だったと言われます。天草ではアルメイダはキリスト教を伝えた人として知られています。彼は1580年、マカオで司祭に叙階されます。当時はまだ日本に司教がいませんでしたから、マカオの司教から司祭叙階を受けなければならなかったのですが、そう決めたのはアレッサンドロ・ヴァリニャーノでした。彼はイエズス会のインド管区の巡察師として日本の教会に派遣され、日本の教会の発展を見ましたが、あまりにも司祭が少ないので、日本人司祭を積極的に養成するように決め、同時にすぐにでも司祭になれる人を司祭にしようと考えて、アルメイダを司祭にすることにしました。司祭になったアルメイダは日本に戻って天草の教会の責任者となり、再び、天草・河内浦に帰って来て、1583年にその地で亡くなりました。秀吉のバテレン追放令が出る前の平和な時代でした。彼の最期は彼を慕う多くの貧しい人々に囲まれての死だったと伝えられています。今回、そのアルメイダ終焉の地と言われる浄土宗・信福寺というところにも行くことができて、感慨深いものがありました。
 そしてアルメイダの像です。天草・本渡の殉教公園・天草キリシタン館の隣にありました。屋外に設置されているので、予想通りくすんでしまっていました。でも隣の天草キリシタン館の中に、このレリーフの元になったデッサンが展示されていて、それははっきり見ることができました。包帯を巻いた女の子の頭に手を置いているアルメイダの姿。これが舟越保武の思い描いたアルメイダの姿です。

 ルイス・デ・アルメイダは1525年ごろ、ポルトガルのリスボンに生まれ、医学を学び、若くして医師の免許を取りましたが医師にはなりませんでした。当時の流行に乗って、貿易商になりました。15世紀末にアフリカの喜望峰をまわって、アジアに行く航路が発見されました。アルメイダも船に乗ってポルトガルを出て、インドのゴア、マラッカ海峡、マカオなどに行って巨額の富を築いたと言われています。
 その勢いで彼は日本にも来ました。そこで彼が見たのは間引きと言われる嬰児殺しでした。当時の日本では貧しい家で赤ん坊が生まれると、どうせ育てることができないなら、早いうちに死なせてしまったほうがいいと考えて、死なせてしまことがあったそうです。アルメイダはそれを見て、こんなことがあってはならないと思い、豊後府内に乳児院を作りました。家を借り、乳母を雇い、牛を飼いました。牛のミルクで赤ちゃんを育てようとしたのです。アルメイダの乳児院が成功したかどうかの記録は残っていません。しかし、当時の日本には乳牛というものはなく、獣の乳で人間の赤ちゃんを育てるということは考えられなかったので、日本人に受け入れられなかったのではないか、という人もいます。
 そのとき、アルメイダは26歳ぐらいでした。自分の人生について真剣に考えていました。そしてすべての財産を捨てて、イエズス会に入会を願います。フランシスコ・ザビエルが日本を去った直後の時代です。当時のイエズス会の責任者はコスメ・デ・トーレス神父でしたが、貿易商という世俗の仕事で金持ちになった青年の入会希望を簡単には受け入れませんでした。厳しい修練を経て入会を許されました。そしてトーレス神父はアルメイダに病院を作ることを命じました。これが「府内病院」と言われるものです。日本で最初に西洋医学に基づく診療を行った病院で、日本最初のホスピタルとも言われています。
 この病院の特徴は、診察・治療が無料だったので、貧しい人も治療を受けられたこと。そして最初から外科と内科の一般病棟とともにハンセン病の病棟があったことです。アルメイダは外科医として日本で知られていなかった手術を次々と行い、また海外からいろいろな薬を取り寄せることもできましたから、この病院は大成功しました。
 豊後府内では1年間で数千人の人が洗礼を受けたという記録があります。それは病気や怪我を治してもらったということにもよるでしょうか、本当にすべての人、貧しい人、子ども、ハンセン病の人を神の子と見て、大切にする福音の根本的なメッセージが伝わったからだと思います。その後、アルメイダは日本人の医師を養成し、日本人に病院をゆだねて、自分はもっぱら宣教活動に専念するようになります。そこでも大きな働きをしました。日本の教会の歴史のはじめに、「神のいつくしみの福音」を伝えたのがアルメイダという人でした。

 きょうの福音を読んで、どうしてもアルメイダの話をしたいと思いました。
 「行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい」
 キリスト教とはそのイエスの呼びかけに従った人々の歩みそのものです。理屈や理論じゃないのです。イエスの呼びかけに従い、イエスのあとを歩んで行く。もちろん、なかなかそうできない自分もいるわけですが、それでも、自分なりに精一杯イエスの呼びかけを聞き、イエスの呼びかけに応えて行く。そういうものでありたいと願いながら今日のミサをささげまたいと思います。



PageTop

年間第27主日



 日曜日は福岡、月曜日は熊本での講話とミサ。せっかく熊本まで来たので、火曜日は天草巡礼に案内していただきました。10年来の念願であった、天草キリシタン館のルイス・デ・アルメイダ像(舟越保武作)にも会うことができて大満足!

●年間第27主日
 聖書箇所:創世記2・18-24/ヘブライ2・9-11/マルコ10・2-16
            2018.10.7福岡・カトリック大名町教会
 ホミリア
 今日の福音は結婚と子どもの話ですが、結婚したことがないので偉そうなこと言えない。それで両親の話をさせてもらいます。
 わたしの両親は見合い結婚でした。1951年に結婚して、子ども二人(兄とわたし)を育て上げました。しかし、父は70歳になる少し前から物忘れが激しくなっていきました。父は自分でも物忘れすることを自覚していて、忘れてはいけないことを手帳に丹念にメモしていました。ある日、母は何気なく、父の手帳を見ました。そこには衝撃的なことが書かれていました。「この人とは離婚したはずなのに、なぜまだ家にいるのだろう」というようなことが何度も書かれていたのです。母はわたしが行ったときに、その手帳を見せて「お父さん、こんなにおかしくなっちゃった」とすごく嘆きました。わたしは母と一緒に、なぜ父がそう感じているのかを推察してみました。父の記憶は、昔の記憶はよく保たれているのですが、最近の記憶は断片的。それで、父の中で、昔この人と結婚したという記憶ははっきりとあるが、最近はこの人との関係が悪くなっていると感じているのではないか。母には思い当たることがありました。夫が物忘れしたり、失敗すると、つい叱責してしまうというのです。「また忘れたの?」「さっきも言ったでしょ!」「もっとしっかりしなさい」気がつけば叱ってばかりいる。それで父はこの人との関係が悪くなったと感じているのだろう・・・その時から母は父の認知症をはっきりと認めざるをえなくなりました。そして、「わたしがこの人の面倒を最後まで見る」、と心に決めたそうです。

 それから父と母の関係は変わりました。母は父を責めなくなりました。そして、父は母といるときは安心、というふうになったのです。いろいろな記憶があやしくても、妻がいてくれれば安心していられる。わたしではダメでした。わたしと二人でいると「C子はどこだ、C子はどうした」とだんだん落ち着かなくなるのです。そして母の顔が見えるとほっと安心する。そのころ、二人が手を取り合って歩いているところを見ると、本当に素敵な夫婦に見えました。
 夫婦って、結婚式の日に夫婦になるわけですが、実は長い年月かけて、本当の夫婦になって行くのではないか、とわたしは教えられました。いろんな苦しみや問題があって、それをなんとか二人で乗り越えて行く中で、夫婦の絆は本物になって行く。自分の両親の話で申し訳ないのですが、そんなことを感じさせられました。
 もちろん、それですべてうまく行っていたわけではありません。わたしの父は最後まで自分が壊れていくのを感じていて、必死でそれと戦っていました。だからこそ苦しみましたし、問題もたくさん起こしてしまいました。父は不安になると、家を出て行ってしまうので、母はゆっくり風呂に入ることもできませんでしたし、ゆっくり寝ることもできなくなりました。その頃、わたしは幸い東京の神学院で働いていて、周りの司祭の理解があり、週に一度、両親の家に泊まることができました。母はわたしが泊まりにくる日だけゆっくり風呂に入り、眠ることもできると言っていました。でも次第に父の精神状態はもっと不安定になって行き、もう母一人で看ることができなくなりました。最後は精神科の病院の閉鎖病棟で、風邪を引いて、あっという間に77歳で死にました。夫婦生活は45年間でした。
 夫婦って、長い年月をかけて本物の夫婦になっていくんだ。そのことをわたしは両親の姿から感じさせられました。

 今日の福音でイエスは「神が結びあわせたものを人は離してはならない」とおっしゃいます。それは、ただ離婚してはいけない、離婚しなければいい、っていうことではない。当時のユダヤ社会は男性優位の社会で、夫が気に入らなくなれば、妻を追い出せば良い、と考えられていました。妻とは夫の役に立って、夫が気に入れば家に置いておき、役に立たなかったり、気に入らなくなれば家から追い出せる。離縁状さえ書けば妻を追い出していい、そう考えられていたのです。イエスはその考えに断固として反対しました。夫とは、妻とは、神が与えてくれた生涯のパートナーだというのです。だから自分の勝手にできるものだと考えてはいけない。神から与えられた生涯のパートナーとして大切にしなければならない。
 現実には難しいこともたくさんあります。夫婦生活って、家庭生活って、困難の連続なのかもしれません。誰かが言った言葉ですが、「良い家庭とは問題のない家庭ではない。問題を一緒に受け止めて一緒に乗り越えて行くことのできる家庭だ」。それが難しいんだ、と言われるかもしれません。でも本当にそうでありたい。そういう家族になれますように。

 いや、わたしは一人だ。家族なんていない、という人もおられるでしょう。統計によれば今の日本で最も多い世帯構成は、一人世帯だとあります。だからここにいる方の中にも一人だけ世帯という方は少なくないかもしれません(わたしもそう)。でも今日の第一朗読のことばのとおり、「人が独りでいるのはよくない」のです。たとえ一人暮らしをしていても、人との豊かなつながりが必要です。わたしたち人間は皆、孤独のうちに生きるのではなく、支え合って生きるように造られているからです。だれもが、大切な人との、親しい人との豊かなつながりを見いだすことができますように。
 
 神さまはすべての夫婦に、子どもたちに、すべての家庭に、一人暮らしの人にも、今日、祝福と励ましを与えてくださいます。どうかすべての人が、すべての家庭が神の愛のうちに歩むことができますように。アーメン。


PageTop

年間第26主日



写真は、眞こころサロンの皆さんが作っている「ぞうりストラップ」です。
皆さん、最低1つはお持ちですか?

●年間第26主日
 聖書箇所:民数記11・25-29/ヤコブ5・1-6/マルコ9・38-43, 45, 47-48
         2018.9.30カトリック大河原教会、亘理教会
 ホミリア
 わたしが今いる原町教会の敷地内に、一昨年の12月、カリタス南相馬ができました。カトリック東京ボランティアセンターは、震災の翌年にカリタス原町ベースというボランティアベースを南相馬で始めましたが、ある方の持っている建物の一部を借りていました。その期間があまりに長くなり、これからも福島県浜通りでの活動は続ける必要があるということで、カリタスジャパンの援助で建てさせてもらいました。
 基本はボランティアベースですから、2階はボランティアの宿泊所、1階のホールは朝晩ボランティアとスタッフのための食堂になっています。このホールは日中空いているので、「眞こころサロン」というのをしてもらっています。仮設住宅を出た人たちが集まる場がほしいというので、昨年からお貸ししているのです。毎日来て、「ぞうり」の形のストラップを作っています。売り物というのではなく、これまで支援してくれた人へのお礼のしるしとして差し上げるためです。

 そこに来ているある方は、庭でいろいろは花を育てているのですが、ある日、自分の家から花を持ってきて、教会に飾ってほしいとおっしゃいました。そしてその方は初めて教会に入られました。他の方は自分の畑で取れた野菜をしょっちゅう持ってきてくれています。昼ご飯もサロンの方と一緒になりますが、ちょっとしたおかずをみんなのために持ってきてくれる方もいらっしゃいます。
 被災者として「いろいろしてもらう」というだけの世界ではなく、何か他人のために、自分ができることをしたいと思っている人がおおぜいいます。お互いにできることを相手のためにし合う世界。本当に素晴らしい世界に「混ぜて」もらっている感じがします。

 ボランティアとして来る方の多くもカトリック信者ではないのですが、教会の営繕作業やシスターたちの家の修理のようなことも喜んでやってくださいます。地域の方々やボランティアの方々とそんなお付き合いをしていますから、今日のイエスの言葉はとてもうれしくなりました。
 「わたしたちに逆らわない者は、わたしたちの味方なのである。」「キリストの弟子だという理由で、あなたがたに一杯の水を飲ませてくれる者は、必ずその報いを受ける。」
 この人たちはどれほどの報いを神からいただけることでしょうか。いや、本当は将来の報いが問題なのではない。神はこの人たちの善意を良しとしてくださっている、神はそのことをお喜びになるということですね。本当に小さな善意であってもそれで十分。
 なんて広い、大きな心でしょうか。神さまの心は!イエスの心は!
 わたしたちは、キリストをよく知らないという人たちの間で暮らしています。この社会の中で、わたしたちキリスト信者は圧倒的に少数で、周りはほとんどキリスト者ではありません。その中で、キリスト信者にならなければダメだとか、周囲の人を無理にでもキリスト信者にしようとか、そんな見方をしているのではありません。また、その人たちに背を向けて、自分たちさえ救われれば、と思っているのでもありません。
 大切なのは、わたしたちが神様の広い、大きな心を生きること。そうしたら本当に素晴らしい出会いが生まれるのではないでしょうか。

 その神の大きな広い心に反することは何か?
 第一朗読ではモーセの時代、70人の長老がいましたが、自分たちと行動を共にしない人が霊を受けたのを避難した人たちがいました。まるで神の霊を受けることを特権のように考えて、他の人を排除しようとした話です。こういう特権意識は狭い心の表れです。
 第二朗読はヤコブの手紙。富んでいる人たちが貧しい人を踏みつけにしている。そのいのちを奪っている。金の力で自分の思い通りのことができると考える。そして貧しい人のことはないがしろにする、それも狭い心の表れです。
 さらに福音で、弟子のヨハネは自分たちのグループに入っていない人を認めようとしない。このようなグループ意識にも狭い心が表れています。さらに小さいものを軽んじ、つまずかせる態度のことも語られていますが、これも狭い心の結果でしょう。

 イエス・キリストの福音の根本にあるのは、すべての人が神の子としての尊厳を持っているということ。神はすべての人のアッバ(おとうさん)であり、すべての人は神の子であり、互いに兄弟姉妹。だから本当にすべての人を大切にしなければならない、ということです。
 キリシタン時代、「神の愛」を日本語で表すのに、「ごたいせつ」という言葉が使われたと言われます。神の愛とは「神が人間をたいせつにしてくださる」こと。そう言えばわかりやすいですね。でももしかしたら、神は人間をたいせつにしてくださる、ということ以上に、そもそも人間一人一人、どんな人間も本当に大切な存在なのだ、と神様は見ていてくださる、と言ったほうがいいのではないか。
 わたしたちもそうです。なんとか人を愛そう、大切にしよう、確かにそうなんですけれど、それ以前に、本当に神の目から見て、この人は大切な人なんだ、その眼差しを感じながら、わたしたちも人に対して、すべての人に対して同じ眼差しを持って見ることができるか、そこが問われていることなのではないでしょうか。そして本当にどんな人も例外なく、たいせつな存在だと感じた時に、わたしたちは人を本当の意味で大切にできるのではないでしょうか。

 人間の心にはどうしようもなく狭さがあります。それを乗り越える大きな、広い、豊かな世界にイエスは今日、わたしたちを招いてくださっています。その招きに精一杯応えることができますように、ご一緒に祈りましょう。



PageTop

2018年10、11月の予定



10、11月のわたしと原町教会ミサの予定です。
11月の主日のミサについては、まだ変更があるかもしれません。
どこかでお会いできるといいですね♪

10月7日(日)年間第27主日 9:30福岡教区大名町教会ミサ
      13:30-「博多に来んしゃ〜い」報告会(大名町教会にて)
      14:00-16:00幸田講演「福島で起こっていることから何を学ぶか
             〜震災・原発事故・人間の復興と希望の福音〜」
        この日原町教会はミサがないので、10:00集会祭儀になります。
10月8日(月)10:30-12:00 熊本・手取教会「いのちのまなざし」の講話(幸田)
      13:00-14:00 慈恵病院からの報告
10月14日(日)年間第28主日 10:00原町教会ミサ
       15:00小高修道院ミサ
10月16日(火)19:00-20:30 桜の聖母生涯学習センター講座3(福島市)
10月20日(土)14:00-16:30 CTVC映画会「被ばく牛と生きる」
                その後、幸田のお話(東京・四谷ニコラバレ9階ホール)
10月21日(日) 年間第29主日 10:00原町教会ミサ
10月27日(土)13:30 茅ヶ崎キリスト教短期セミナー講演(茅ヶ崎教会)
         「どっちに向かうのか〜大きな方向を見失わないように〜」
10月28日(日)年間第30主日 9:00白石教会ミサ、11:00亘理教会ミサ、14:00大河原教会ミサ(いずれも宮城県)
        原町教会のミサは10:00佐々木博神父司式です
11月4日(日) 年間第31主日 10:00原町教会ミサ
11月11日(日) 年間第32主日 10:00原町教会ミサ
       15:00小高修道院ミサ
11月17日(日) 13:30 自死された方々のためのミサ(東京・聖イグナチオ教会)
11月18日(日) 年間第33主日 10:00原町教会ミサ
11月20日(火) 19:00桜の聖母生涯学習センター講座4(福島市)
11月25日(日) 王であるキリスト 10:00原町教会ミサ


PageTop