毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

初の自家製おみ漬



山形の新庄教会に行ったとき、山形青菜(せいさい)をいただきました。
おかげさまで、前から自分で作ってみたかった「おみ漬」を作ることができました。

納豆との相性が抜群です!


PageTop

年間第32主日のミサ 山形地区信徒大会@新庄教会



カトリック山形地区の信徒大会に招かれて、『いのちへのまなざし』についての講話をしてきました。
会場はカトリック新庄教会。ここはおおぜいいるフィリピン人信徒のために7年前に作られた教会です。
フィリピンから来た皆さんと一緒に写真を撮りました。

というわけで、大会の結びのミサの説教メモです。

●年間第32主日
 聖書箇所:知恵の書6・12-16/一テサロニケ4・13-18/マタイ25・1-13
      カトリック新庄教会(山形県)にて
 ホミリア
 今日の講話のテーマは「いのちへのまなざしを生きる」というものでした。
 「いのちへのまなざし」は本来、神が注がれるまなざしの意味です。その神のいつくしみのまなざしを感じながら、わたしたちも自分のいのち、他人のいのちに対して、いつくしみのまなざしを注いでいきたいのです。
 その中で、特にキリストを信じる者として大切に思っていることは、「いのちの平等性」と「いのちの連帯性」ということです。すべてのいのちは神からのものであり、すべてのいのちは神のいつくしみのうちにある。だからすべてのいのちは等しく尊い。障がいがあるとかないとか、どの民族の人だというので、いのちの価値に違いはない。自分の国の人のいのちは大切だけれど、他の国の人のいのちはどうでもいい、そんなことは絶対にない。これはわたしたちがどうしても譲れない一つの点です。
 もう一つはいのちの連帯性。わたしたちのいのちは、ぽつんと一つだけで存在しているのではない。肉体の中に閉じ込められたいのち、とか、誕生から死までの時間の中にあるいのち。それがすべてではない。わたしたちのいのちは、何よりも神とのつながりによって生きているいのち、生かされているいのち。だから肉体の死によって終わってしまうのではない。死を超えても神とのつながりはなくならず、むしろ死を超えていのちは神のもとで完成されていく。そういう大きな希望を持ったいのちなのです。また人と人、人と他の被造物のいのちのつながりの中で生きているいのちでもあります。いつも思い浮かべたいのは、「一粒の麦」のイメージです。イエスはおっしゃいます。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ一粒のままである。しかし、死ねば多くの実を結ぶ」。麦は地に落ちて死んでしまうのではありません。でも一粒の麦はその一粒を守ろうとして必死が殻を壊すまいとするのではなく、まわりから水分や養分を取り入れ、殻を壊して自分を無にして、そうして成長していきます。イエスの死と復活のいのちとはまさにそういういのちでした。そのいのちのつながりの感覚を本当に大切にしたい。

 そしてこのいのちの平等性や連帯性を感じる中で、ではわたしたちはどう生きるか、与えられたいのちをどう生きるか、これが今日の福音のテーマです。
 ともし火に予備の油を用意していた「賢いおとめ」と予備の油は用意していなかった「愚かなおとめ」のたとえ話なのですが、もしかしたら、油を持っているのに分けてあげない「意地悪なおとめ」と油を分けてもらえなかった「かわいそうなおとめ」の話に聞こえてしまうかもしれません。
 きょうの福音のたとえ話は、少し説明がいるでしょうか。昔の中東の結婚の風習が背景にあるからです。十人のおとめというのは、花嫁の友人たちのことです。彼女たちは花嫁の家で、花婿が花嫁を迎えに来るのを待っています。迎えにきたら花嫁に付き添って一緒に花婿の家に行き、そこで結婚の宴が始まるのです。
 その花婿の到着のときに油を携えているかどうか、が問われる。これはわたしたちの生き方の問題ですね。生き方だから人に分けてあげることはできない。たとえば、親は子どもによく生きてほしいと願います。それは物質的、経済的によく生きるということよりも、人間として、生き方としてよく生きてほしいと願う。そのために日々、できるかぎりのことをして、子供を育て、しつけたりします。でもその子の生き方はその子のもの、その子自身が最終的に選ばなければならない。親が変わって生きてあげることはできない。生き方というのは、それぞれ、その人自身のものだからです。「分けてあげられない油」とはそういうその人自身の生き方だといったらいいでしょう。
 もっと具体的に、では油とはなんでしょうか。この箇所には何の説明がありません。でも、神のみこころにかなう生き方のことであるのは確かです。そしてこのマタイ25章の後の箇所(再来週の朗読箇所)を見れば、人を大切にして生きることであることがはっきりしてきます。25章31節以下の箇所にこうあります。そこでイエスはこう言います。
 「35お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、36裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれた。」「40はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」
 何が神のみこころにかなう生き方なのか、これほど明確な言葉はありません。目の前に助けを必要としている人に手を差し伸べること。今日の箇所の油も、これ以外のことではありえません。その意味で、わたしたちが求められていることははっきりしています。

 と同時に油のイメージも大切にしたいと思います。油がなければ、ともしびは燃えず、輝くことができません。それと同じように、人を尊重し、大切にし、助けるこころがなければ、わたしたちの人生は輝きません。お金を持ったり、競争に勝つことが人生を輝かせるのではないのです。愛といつくしみがわたしたちの人生を輝かせるのです。そのことをほんとうに深く心にとめて味わいたいと思います。結婚の宴会から締め出されるとか、地獄に落とされるとか、そんなイメージで、愛さなければならない、と義務的に考えるのではなく、本当にわたしたちが愛を持って生きる時、わたしたちの人生は輝くのだ。そのイメージを持ちたい。そして、わたしたちは最終的に燃えて輝くともしびをもって、主を迎えたい。神様に出会いたい。そう願おうではありませんか。
 わたしたちは心から人を大切にする力を、今日もミサの中で、みことばから、聖体からいただいていきます。
 

PageTop

年間第31主日のミサ



カリタス南相馬で柿を取りに行きました。1本の木から数百個の柿が取れました。
これは渋柿なので、吊るして干し柿を作ります。
わたしは皮むきには参加しませんでしたが、ボランティアの皆さんも手伝ってくださって皮むきも無事完了とのこと。
今はこんな感じです。

さて、11月第一日曜日は、死者の月の合同追悼ミサ。

●年間第31主日
 聖書箇所:マラキ1・14b~2・2b, 8-10/一テサロニケ2・7b-9, 13/マタイ23・1-12
   20171105カトリック原町教会にて
 ホミリア
 司祭になってから、多くの方々の臨終や葬儀にかかわってきましたが、身近な人の死を身近に体験したのは、わたしにとっては、自分の父の死が初めてでした。今から20年前のことです。父はアルツハイマーでしたが、母一人で見ていて、たいへんな状態になりました。共倒れになる危険を感じて、一時的に預かってもらった施設では、ドアの鍵を力づくで壊してしまい、そこにもいられなくなりました。父を預けられる場所は、精神科の病院の閉鎖病棟しかありませんでした。そこに入院して、父に合う薬を調整してもらって、落ち着いてきたので退院しました。年末年始は家で過ごすことができました。お正月は子どもや孫、親戚も訪ねて来てくれて、父はとてもうれしそうでした。しかし、お正月が過ぎ、人がいなくなるとまた不安定になっていきました。家を出て徘徊しているのを探して見つけ、「お父さん、家に帰ろう」と言っても、たぶんそのときはわたしが息子だということも分からなくなっていたのでしょう。持っていた棒で、わたしのことを追い払おうとするのです。わたしは子どものころから思い出してみても、父に叩かれたという記憶がありません。それですごくショックでした。もう一度入院してもらって、しばらくしたら落ち着くだろう、そうしたら家に帰れるだろうと思って再入院させることになりました。しかし、父は二度目の入院のあと、病院で風邪を引き、あっという間に亡くなってしまいました。

 本当にあれで良かったのか、わたしとしてはもっとできることがあったのではないか、いろいろ考えてしまいました。父が亡くなった翌日の夜中、わたしはふと目を醒ましました。すると幼いときからの父との思い出が走馬灯のようによみがえってきました。本当に「走馬灯のよう」という言葉のとおり、次から次へとたくさんの思い出。なぜか、その思い出はすべてが良い思い出でした。悪い思い出は何も出てこないのです。そのときわたしは「父はいなくなったのではない。今もわたしと一緒にいる。もう目で見ることも、手で触れることもできないけれど、これまで以上に近くにいる」と感じたのです。
 それまで他人の葬儀で、偉そうに「死を超えるいのち」とか「復活の希望」とか語ってきましたが、実感として感じることができたのは、このときからです。亡くなった人はいなくなるのではないのです。むしろ違う形でわたしとともにいてくれる。もっと近くにいてくれる。最終的に神さまのもとで再会できる、わたしはそう信じるようになりました。

 さて、今日の福音はイエスがファリサイ派や律法学者を批判する言葉です。その批判の内容は、結局のところ、彼らが「言うだけで実行しない」ということと、「することは、すべて人に見せるため」ということでした。
 先週の福音を思い出しましょう。「全力を尽くして神を大切にし、隣人を自分のように大切にする」これがもっとも大切な掟であるとイエスは言いました。ファリサイ派の人も反対できなかったことでしょう。違いは、その掟を本気で生きるかどうかです。
 十字架に向かう中で、イエスはこの神への愛と人への愛を貫きました。徹底的に神に信頼し、徹底的に人を愛し抜きました。その信頼と愛は、肉体の死によって断ち切られるようなものではなかった。死を超えて、イエスは神のもとに行き、イエスの神への愛、人への愛は、神のもとで完成された。死を超えて、イエスは神の永遠のいのちを生きる方となった。そして時間と空間を超えて、すべての人とともにいてくださる方となった。特に貧しい人、苦しむすべての人とともにいて、支えてくださる方となった。イエスはこのようにして死に打ち勝ち、神のいのちを生きる道を切り開かれたと信じること、これが復活の信仰です。

 そしてわたしたちがこのイエスの跡に従って歩むなら、わたしたちの人生も死によって終わる人生ではなく、死を超えて神のもとに行く人生になるのだ。もちろんわたしたちは皆、不完全な人間です。わたしたちの愛はイエスの足元にも及びません。それでもわたしたちの歩みがイエスの十字架の歩みと、イエスの愛とどこかで結ばれているなら、イエスの復活のいのちにもあずかることができる。わたしたちの歩みも死で終わる歩みではなく、死を超えて神のもとで完成する。これがわたしたちの希望です。
 「愛は決して滅びない」とパウロは言います。(一コリント13・8)すべては過ぎ去ります。「預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう」。何もかも、滅んで行くというのです。それでも廃れないもの、過ぎ去らないもの、滅びないものがある。それは愛だとパウロは力説しています。「愛は決して滅びない」これがわたしたちの信仰と希望の言葉です。

 わたしたちは今日、特別に亡くなった方々のことを思ってこのミサに集まっています。家族、友人、親しかった人。人生において特別なかたちでかかわった人。その人々が神のもとで永遠の幸せにあずかれるようにと祈ります。そしてその方々と地上にいるわたしたちの愛のつながりは決してなくならず、いつかわたしたちは神のもとで再会の喜びを味わうことができる、その希望と信頼を持って、今日のミサをささげたいと思います。





PageTop

年間第30主日のミサ



Hさんの畑で採れたハヤトウリをたくさんいただきました。
漬物にするのがよいというので、三五八漬(さごはちづけ)にしたら大好評でした。
三五八は福島・山形・秋田に古くから伝わる麹漬けです。
というわけで、いつもの説教メモですが、こちらもどうぞ。

●年間第30主日
 聖書箇所:出エジプト22・20-26/一テサロニケ1・5c-10/マタイ22・34-40
   カトリック原町教会にて
 ホミリア
 旧約聖書を見ると、律法というものはすべて、紀元前13世紀に神がモーセをとおして与えたものという形になっています。出エジプト記・レビ記・民数記・申命記にたくさんの掟があり、誰かがその数を数えたら600以上あったと言われます。ユダヤ人の律法学者たちは、一つ一つの律法をさらに細かく厳密に規定していくことに精力を注ぎましたが、同時に律法の中心には何があるか、本当に何が神の望みであり、もっとも大切な掟なのか、そのこともずっと考えてきたようです。そういう中で最も大切な掟が明らかになってきました。イエスの時代はモーセよりも1000年以上後の時代ですが、その一つの結論が今日の福音の2つの掟の話です。
 「神を愛すること」「隣人を愛すること」これが一番大切な掟です。日本語で「愛する」という言葉が「男女の愛」のような感情的な面を強く感じさせてしまうとしたら、「神を大切にし、隣人を大切にする」と言い換えてもいいでしょう。今日のイエスの言葉ははっきりとこの二つの掟が最も重要である、と教えていますが、それはイエスだけの考えでなく、ある程度まで当時の律法学者の共通理解でもあったようです。マタイ福音書はイエスの言葉に対する律法学者の反応を記していませんが、マルコではイエスの言葉に律法学者も賛同していますし、ルカ10章では、この二つの掟を語るのは律法学者のほうです。

 一方、現代の聖書学者は、すべての律法が、モーセをとおして与えられたように書かれていても、実際には、モーセの時代から始まって何百年もの時間をかけて、徐々に今の旧約聖書の大きな律法集が出来上がってきたと考えています。その中でもっとも古く、モーセの時代に遡れるかもしれないのは、出エジプト記20章22節から23章までの律法です。新共同訳聖書では「契約の書」をいう小見出しがつけられています。今日の第一朗読はそこから取られていて、別の角度から、律法の核心にあるものを知ることができます。
 「寄留者を虐待してはならない」「寡婦や孤児を苦しめてはならない」「貧しい人を苦しめてはならない」ということがそこで言われています。
 「寄留者」というのは今なら難民や移民と言われる人たちですね。それを大切にするのは、「あなたたちはエジプトの国で寄留者だったから」と言われます。あなたたちも外国で暮らしていたつらい経験があるのだから、その人たちの苦しみがわかるはずだ、ということですね。とても説得力がある言葉です。

 次に出てくる「寡婦」は夫を失った女性、「孤児」は親を失った子どものこと。どちらも古代ユダヤの社会の中で、自分を守ってくれる人のいない、一番弱い立場の人々でした。その寡婦や孤児、そして貧しい人を苦しめてはならない、ということの理由として、「彼がわたしに向かって叫ぶ場合は、わたしは必ずその叫びを聞く」と言われています。これは出エジプト記で、神が最初にモーセに声をかける場面を思い出させます。
 7「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。8それゆえ、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救い出し、この国から、広々としたすばらしい土地、乳と蜜の流れる土地・・・へ彼らを導き上る。9見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。10今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。」
 エジプトの奴隷状態からの解放というイスラエルの民の根本的な救いの体験、神との出会いの体験の根本には、「神が苦しむ人の叫び声を聞く」ということがあったのです。その神の救いを、神との出会いを体験したのなら、あなたがたも弱い立場の人々、貧しい人々の叫びに耳を閉ざすことはできないはずだ。これもすごい説得力がありますね。

 聖書の掟のすべての中心に「神と隣人を大切にすること」があります。そして、そのすべての律法の根拠には神の救いの業があるのです。すべての人を愛し、すべての人を救おうとし、だから最も弱い立場の人に目を注ぎ、最も苦しむ人の叫びに耳を傾ける神の姿が律法のすべての文字の背後にあると言ってもいいでしょう。それだからこそ、神を大切にし、隣人を大切にしなければならないのです。
 このいつくしみ深い、愛である神にわたしたちはどこで出会ったでしょうか。ある人は幼い時からの親や周りの人の愛をとおして、この神の愛を受け取ったと感じるかもしれません。ある人はどうしようもない苦しみの中で神の救いの御手に気づいたという体験があるかもしれません。ある人は真っ暗闇の中で、まことの光であるキリストに出会ったのかもしれません。この神の愛といつくしみを本当に深く受け取ること、そこからすべてが始まるのです。

 キリシタン時代の人々はこの神の人間に対する無条件の愛を「ゴタイセツ」と訳しました。「デウスのゴタイセツ」。本当に神はわたしたちすべてを大切に思ってくださる。だからわたしたちはそれに応えて精一杯、神を大切にし、人を大切にして生きていこう。今日もわたしたちはこのミサをとおして、この神のゴタイセツを深く味わい、そのゴタイセツに結ばれ、そこから神と隣人を大切にして生きる力をいただいていくのです。




PageTop

年間第29主日のミサ



日曜日の夜、カリタス南相馬で芋煮を作りました。
福島風の芋煮は味噌仕立てて、豚肉が入っています。
ちなみに山形風は醤油味で牛肉入りのようです。
これはもちろん福島風!おいしかったです。

●年間第29主日、世界宣教の日
 聖書箇所:イザヤ45・1、4-6/一テサロニケ1・1-5b/マタイ22・15-21
      カトリック原町教会にて
 ホミリア
 千葉で働いていたとき、千葉市の牧師会という集まりに入れてもらいました。カトリックの司祭が入るのは、わたしが初めてということでした。毎月牧師たちの集まりがあり、会場は持ち回り、講話をするのも持ち回りでした。あるとき、今のカトリック教会についての話を頼まれ、第二バチカン公会議後のカトリック教会の考え方や実践についてお話ししました。その時の会場は「純福音教会」というところでした。韓国系のプロテスタントの教会で、カトリックとはかなり違った雰囲気の教会です。牧師先生は韓国人でした。その方がこう言いました。「韓国では、カトリック教会は、カトリック信者以外にも信頼されています。カトリック教会は『人間を守る』と考えられているのです」それを聞いて、わたしはキム・スファン枢機卿のことを思い浮かべました。

 キム・スファン枢機卿はソウル教区の大司教でした。46歳という若さで枢機卿になられ、1998年までソウル教区の大司教を勤め、2009年に86歳で亡くなられました。
 そのキム枢機卿の有名なエピソードがあります。
 1970年代〜80年代、韓国は軍事独裁政権の時代でした。民主化を求める学生たちは次々と逮捕され、投獄され、拷問を受けたりしていました。そういう学生たちがソウルにある明洞(ミョンドン)大聖堂に逃げ込んで来ました。ソウル教区のカテドラルです。その学生たちを追って、警官隊がやってきました。その前にキム枢機卿は立ちはだかって、こう言いました。「あなたたちを教会の中に入らせるわけにはいかない。もし入るというならわたしを押し倒して入りなさい。わたしの後には何十人もの司祭たちがいるからそれも倒して入りなさい。その司祭たちを倒したら、その後ろには何百人ものシスターがいるから、それをみんな倒して入りなさい」警官隊は、その言葉を聞いて教会に入ることを諦め、帰っていったそうです。
 その時代、カトリック教会はそうやって民主化運動の活動家を守り、それが社会の中で大きな信頼をえるようになったのです。韓国では今や10パーセント以上の人がカトリックになっていますが、その一つの理由は、「教会は人間を守る」という信頼があった、社会が不安定で、何を信じていいかわからない中で、カトリック教会への信頼が強くなっていったそうです。

 今日の福音は「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」という有名な言葉です。政治や社会の問題と宗教の問題は別であり、宗教が政治の問題に関わったり、宗教者が政治的な発言をすることはよくない。そういうことを今でも言われたりします。
 イエスの言葉はそういうことでしょうか?
 問題は当時のローマ帝国の植民地になっていたバレスチナのユダヤ人のローマ帝国への納税という問題でした。ユダヤ人は本当の支配者は神だけと考えていて、神が立てたユダヤ人の王なら認めるが、ローマ皇帝の支配は認められないと考えていました。それは神が王であることと相入れないと考えたのです。ですから宗教的信念としては、ロー皇帝に税金など納めるべきではない。しかしもちろん、現実には納めざるを得なかったのです。イエスにこの納税の問題を突きつけたのは、もしイエスがローマ皇帝への納税を認めれば、神の主権を認めないことになり、もし納税を認めなければ、ローマ帝国への反逆者として訴えることができる。どちらを答えても、イエスをおとしめることができる、と考えたわけです。

 イエスは納税に使うローマのデナリオン銀貨を持って来させ、そこに刻まれているローマ皇帝の肖像と銘を確認させた上で、こう言いました。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」皇帝のものは皇帝に、だけなら単に納税を認めただけのことでしょう。しかし、「神のものは神に」と言ったときに、本当に何が神のものか、あなたがたは何を神のものとして尊重しようとしているのか、ということをイエスは問いかけたのではないかと思います。
 神殿での宗教儀式や細かい清めの律法を守ること。それが「神のもの」だと思っていた人は多かったでしょう。サドカイ派やファリサイ派はそうでした。でもイエスにとっては違いました。目の前に人々の苦しみ、貧しさ、辛さ、そのすべては神がもっとも心にかけていること。それこそ「神のもの」でした。
 こういう考えがあります。神がご自分に似せて、ご自分にかたどって造られたのが人間です。皇帝の像が刻まれているのがデナリオン銀貨でしたが、ならば神の像は人間に刻まれている。その人間は神のもので、神にだけ属するもの。そう考えるならば、宗教とは特別な「宗教の領域」と閉じこもっていればいいはずはないのです。

 そのような教会の姿勢をはっきりを示したのが、第二バチカン公会議の『現代世界憲章』の冒頭の言葉です。
 「現代人の喜びと希望、悲しみと苦しみ、特に貧しい人々とすべて苦しんでいる人々のものは、キリストの弟子たちの喜びと希望、悲しみと苦しみでもある。真に人間的な事がらで、キリストの弟子たちの心に反響を呼び起こさないものは一つもない」
 日本の戦後70年にあたっての司教団の平和メッセージがあります。2015年に発表されたものです。その中の言葉に「教会は人間のいのちと尊厳に関する問題に沈黙できない」とあります。教会は、司教団は好んで政治の問題に関わろうとしているのではありません。人間の尊厳といのちに関わる問題として、平和や憲法や原発について発言しているのです。それはすべて「人間を守る」ためです。

 何を本当に神のものだと思っているか、イエスは今日もわたしたちに問いかけています。


PageTop