FC2ブログ

毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

公開のミサ中止の延長について



仙台教区では、4月4日以降も公開のミサなど不特定多数の人が集まる集会を中止することになりました。
改めて、それに関連するお知らせをいたします。
全世界の人々を襲っているこの危機が1日も早く終息することを祈りましょう。

●新型コロナウィルスの感染拡大防止のために

       2020年3月29日
       カトリック原町教会担当司祭 幸田和生

 仙台教区では新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月2日から始まった主日のミサなどの中止措置を5月1日(金)まで延長することになりました。この間、ミサ(集会祭儀)や集会、講座など、不特定多数の人々が集まる集会は行われません。聖週間・復活祭を迎える中で、長期間に渡ってミサに参加できないことはとても悲しいことですが、この措置は、昨年のフランシスコ教皇訪日のときのテーマのとおり、「すべてのいのちを守るため」であるとご理解ください。この期間中も、司祭は非公開ですが、すべての人のためにミサをささげています。
 なお仙台教区では、希望する方には聖体を授けることができるようにすることが勧められていますので、原町教会としては以下のように行います。

1. ミサ中止の期間、主日のミサにあずかる義務は免除されていますので、聖体拝領も義務ではありません。そのかわりに、各自でその日の朗読箇所などを読み、祈ることが勧められています。特に体調のすぐれない方、発熱・咳などの風邪症状のある方は、教会に来ることをお控えください。

2. この間に聖体拝領を希望する信徒の方は、日曜日午前10:00に原町教会聖堂に来てください。「病者の聖体拝領」のような形で聖体をお授けいたします。

3. 拝領を待つ間、なるべく他の人との間に距離を取るようにしてください。拝領前に、各自で、回心の祈りを唱え、その日のミサの福音を読み、主の祈りを唱えるなどして、心の準備をしてください(『聖書と典礼』が教会に備えてあります)。

4. 必ずマスクを着用し、拝領前に手指の消毒をしてください(感染予防のため、口に直接受ける形での聖体拝領はできません)。

5. ゆるしの秘跡を希望される場合、なるべく短い時間の中で行ないますが、必ずマスクを着用してください。

6. 聖堂内でお祈りをすることはかまいませんが、おおぜいで長時間滞在することは避けてください(この期間中も聖堂は毎日開いています)。

7. 病気や高齢のため、教会に行けないけれども聖体拝領を希望するという方は、別途、司祭にご相談ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

PageTop

ミサが行われないときの聖体拝領



3月11日、南相馬市小高区の同慶寺で行われた諸宗教合同の祈りの後、小高区村上地区の慰霊碑に行ってお祈りしました。
2011年3月11日、ここにも大きな津波が押し寄せ、多くの方が犠牲になりました。
この方々の神のもとでの永遠の安息をお祈りいたします。

ミサがないときの聖体拝領、今のところ3月22日と29日だけですが、状況によってはその後もありえます。
以下、そのお知らせです。

●新型コロナウィルスの感染拡大防止のために
 ミサにあずかれないときの聖体拝領について

          2020年3月15日 カトリック原町教会担当司祭 幸田和生

 3月13日付の平賀司教様の通達により、仙台教区では新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月2日から始まった主日のミサなどの中止措置を4月3日(金)まで延長することになりました。この間、ミサ(集会祭儀)や集会、講座など、不特定多数の人々が集まる集会は行われません。長期間に渡ってミサに参加できないことは信徒にとってたいへん大きな痛手ですが、この措置は、昨年のフランシスコ教皇訪日のときのテーマのとおり、「すべてのいのちを守るため」であるとご理解ください。なお仙台教区では、希望する方には聖体を授けることができるようにすることが勧められていますので、原町教会としても、以下のような形で実行したいと思います。

1. ミサ中止の期間、主日のミサにあずかる義務は免除されていますので、聖体拝領も義務ではありません。そのかわりに、各自でその日の朗読箇所などを読み、祈ることが勧められています。
2. この間に聖体拝領を希望する信徒の方については、通常の主日のミサ開始時間より少し後の午前10:15に原町教会聖堂に来てくだされば、「病者の聖体拝領」のような形で聖体をお授けいたします。
3. 拝領を待つ間、なるべく他の人との間に距離を取るようにしてください。拝領前に、各自で、回心の祈りを唱え、その日のミサの福音を読み、主の祈りを唱えるなどして、心の準備をしてください(『聖書と典礼』が教会に備えてあります)。
4. 必ずマスクを着用し、拝領前に手指の消毒をしてください(感染予防のため、口に直接受ける形での聖体拝領はできません)。
5. 復活祭前ですので、ゆるしの秘跡を希望される方は、拝領の前の10:00〜10:15、なるべく短い時間の中で行ないます。必ずマスクを着用してください。
6. 聖堂内でお祈りをすることはかまいませんが、おおぜいで長時間滞在することは避けてください(この期間中も聖堂は毎日開いています)。
7. 教会に行けないけれども聖体拝領を希望するという方は、別途、司祭にご相談ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。




PageTop

新型コロナウィルス感染に伴う、ミサ等の中止について



とうとう仙台教区でも、このような通知が来ました。
期間は3月2日(月)から3月20日(金)までです。
原町教会でもこの期間、不特定多数の人々が集まるミサはなくなります。

なお、3月1日(日)、四旬節第一主日のミサ・洗礼志願式は予定通り行います。



PageTop

被災地から語る



いろいろ事情があって、主日のミサの説教メモは、2週続けてお休みです。
わたしの健康とかの問題ではありませんので、ご心配なく。

今週は東京に行き、このCTVCの講演会「被災地から語る」に参加します。
皆さん、どうぞお越しください。



PageTop

復活祭までの予定



主日ミサの説教メモはお休みします。
以下は、復活祭ごろまでの幸田の予定です。
ご参考まで。

1月19日(日) 年間第2主日 9:00入門講座10:00原町ミサ
1月25日(土) 13:30-15:20 CTVC被災地から語る(講師:山元町・菊地慎一郎さん)〜幸田はあいさつだけ
1月26日(日) 年間第3主日9:00入門講座10:00原町ミサ
2月 2日(日) 主の奉献9:30元寺小路教会ミサ
      (原町の入門講座は休み、原町のミサ司式司祭は未定)
      13:30-15:30仙台ロゴス公開講演会「『野戦病院』としての教会を目指して
      〜大地震・大津浪・原発事故の被災地より〜」(講師:幸田)北仙台教会にて
2月 9日(日) 年間第5主日9:00入門講座10:00原町ミサ14:00小高修道院ミサ
2月16日(日) 年間第6主日9:00入門講座10:00原町ミサ
2月23日(日) 年間第7主日9:00入門講座10:00原町ミサ
2月26日(水) 灰の水曜日7:00原町ミサ
3月 1日(日) 四旬節第1主日10:00原町教会ミサ(洗礼志願式)
3月 8日(日) 四旬節第2主日9:00入門講座10:00原町ミサ14:00小高修道院ミサ
3月11日(水) 14:30東日本大震災追悼復興祈念ミサ(東京カテドラル、菊地大司教司式)
3月14日(土) 13:30いのちの光3.15派遣ミサ(原町教会、山野内司教司式)
3月15日(日) 四旬節第3主日 10:00-13:00一本杉・畳屋丁教会黙想会(会場は一本杉教会)
      (原町の入門講座は休み、原町のミサ司式司祭は未定)
3月22日(日) 四旬節第4主日9:00入門講座10:00原町ミサ
3月29日(日) 四旬節第5主日9:00入門講座10:00原町ミサ
4月 5日(日) 受難の主日9:00入門講座(予備日)10:00原町ミサ
4月 9日(木) 聖木曜日19:00主の晩さんの夕べのミサ
4月10日(金) 聖金曜日19:00主の受難の典礼
4月11日(土) 復活徹夜祭 19:00ミサ・入信式(洗礼・堅信・聖体)
4月12日(日) 復活の主日10:00原町ミサ(講座は休み)
4月19日(日) 復活節第2主日 9:00聖書講座10:00原町ミサ


PageTop