毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

3月は叙階式の季節です

教会の暦では、四旬節に入りましたが、
日本の教会では学校の学年末なので、
司祭・助祭の叙階式も多くの場合、この時期に行なわれています。

東大じゃないですけれど、神学校も秋入学にできないかと思っているのはわたしだけでしょうか?
そうすれば叙階式も夏に行なうことができますね。

さて、今年の3月、わたしが司式するのは助祭叙階式ばかりですが、
なんと5回もあります。

3月4日(日) 10時より 荻窪教会にて 
      受階者:森 一幸(東京教区) 
3月17日(土) 10時より イエズス会神学院にて
      受階者:デソーザ・アルン・プラシュカ(イエズス会)
          小暮康久(イエズス会)
3月18日(日) 9時30分より 高円寺教会にて
      受階者:大西勇史(東京教区)    
3月25日(日)  10時より 潮見教会にて
      受階者:古郡忠夫(東京教区) 
3月31日(土) 13時30分より 田園調布教会にて
      受階者:キム・ドンヒョン(フランシスコ会)

イエズス会のは、とても狭い神学院の聖堂ですので、一般の方は入れないようです。
他の叙階式は、よろしければ参加して、ご一緒に祈りください。




PageTop