毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

6月2日(日)聖体礼拝のお知らせ

yof logo

 「信仰年」の目に見える1つのしるしとして、6月2日(日)キリストの聖体の祭日、全世界のカトリック教会の司教座聖堂(カテドラル)で聖体礼拝が行なわれます。ローマ時間夕方5時から行なわれる教皇の聖体礼拝に合わせるように、とのことでしたが、日本では真夜中になってしまうため、東京カテドラルでは日本時間の午後5時〜6時に行ないます。なお、各小教区でも可能ならばこの日、聖体礼拝を行なうことが勧められています。

 フランシスコ教皇の第一の意向は「全世界の教会の一致」です。そして第二の意向は次のことだそうです。「今も奴隷のような境遇にある人々、戦争、人身売買、麻薬密売、強制労働の犠牲となっている人々のために祈ります。あらゆる種類の暴力を受けている子供や女性のために祈ります。教会が絶えず注意を怠らず、彼らが助けを求める声なき叫びを聞くことができますように。そうすれば、十字架につけられたキリストを仰ぎ見つつ、教会は暴力のなすがままになっている多くの兄弟姉妹から目を離さずにいられるでしょう。さらに、経済的に不安定な状況にある人々、とりわけ失業者、高齢者、移住者、ホームレスの人々、囚人、そして社会の片隅に追いやられた人々のために祈ります。教会の祈りと連帯によって、彼らが希望のうちに支えられ、人間の尊厳を守る力と勇気を得ることができますように」。

 東京カテドラルの聖体礼拝の司式はもちろん岡田大司教ですが、説教はわたしが担当することになりました。
 ご都合が合う方はぜひ、ご一緒にお祈りしましょう。

 ついでにわたしの司式するミサの予定も載せておきます。

6月2日(日)9:30 築地教会(歴代の東京教区長追悼ミサ)
6月9日(日)9:00 吉祥寺教会(堅信式)
6月16日(日)15:30 麹町教会(堅信式)


PageTop