毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

主にささげる24時間@東京カテドラル

20160227

「主にささげる24 時間」は、いつくしみの特別聖年にあたってフランシスコ教皇が全世界に呼びかけている特別な祈りの時です。全世界の教区で3月4日〜5日にかけて行うことになっています。東京カテドラルでのこの24時間のプログラムは以下のとおりです。部分的にでも、ご都合のよい時間にご参加ください。
またカテドラルでの24時間に参加できない方も、同じ時間にご自分の場所でお祈りください。

主催:カトリック東京大司教区
日時:2016 年3月4日(金)19:00〜5日(土)19:00
場所:東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にて

プログラム

★ 3月4日(金)
18:00-19:00 大聖堂の大扉を開けますので、そこから大聖堂にお入りください。
19:00-20:00 導入の講話(英隆一朗神父=イエズス会・麹町教会)
20:00- 聖体顕示・聖体礼拝開始の式 司式:岡田武夫大司教
   (聖体礼拝は翌朝ミサの前6:30まで続けられます)
20:00-22:00個別のゆるしの秘跡を受けることができます

★ 3月5日(土)
7:00 四旬節第3土曜日のミサ(司式:山本量太郎神父。大聖堂にて)
   ミサ後、聖体顕示と聖体礼拝再開(17:30まで)
8:00-10:00個別のゆるしの秘跡を受けることができます
15:00 共同回心式(司式:幸田和生司教。5人の司祭でゆるしの秘跡を授けます)
17:00-18:00 前日と同様に大聖堂の大扉を開きます。
17:30 聖体礼拝の結びの式
18:00 四旬節第4主日のミサ(司式:岡田武夫大司教)
19:00 終了


PageTop