毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

12月4日 江戸の大殉教

明日12月4日は、1623年に起こった江戸の大殉教の記念日です。
将軍家光の命により、札の辻で50人のキリシタンが処刑されました。

その中の4人が列福されています。

フランシスコ・ガルベス(フランシスコ会司祭・スペイン人)
へロニモ・デ・ロス・アンヘレス(イエズス会司祭・イタリア人)
シモンえんぽ(イエズス会修道土・日本人)
〜この3人は日本205福者殉教者として、1867年にローマで列福されました。
 修道会関係の記録がヨーロッパまで伝わっていたからです。

ヨハネ原主水(信徒・日本人)
〜原主水は福者ペトロ岐部司祭と187殉教者の一人として、2008年に長崎で列福されました。
 彼はその他46人の名も知れぬ日本人信徒たちの代表として列福されたと言えるでしょう。

彼らの他にも、江戸では2,000人のキリシタンが殉教したと言われます。

多くのキリシタンがいのちがけのあかしをした町。
今の東京でわたしたちキリスト者はどんなあかしをすることができるでしょうか?

参照サイト(カトリック中央協議会)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する