毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

MERRY CHRISTMAS !

2015121802

★以下、今年のクリスマスカードに添えた文章です。

 今年2月、日本の司教団は戦後70年メッセージ「平和を実現する人は幸い〜今こそ武力によらない平和を」を発表しました。しかしこの一年、世界各地で空爆やテロが繰り返され、多くの民間人が犠牲になりました。日本では憲法違反だというほとんどの人の意見を無視して安全保障関連法が成立し、沖縄では県民の意思を踏みにじる形で新基地建設が強行されています。景気対策が叫ばれる中、格差はますます広がり、研修生や難民申請者など日本にいる外国人の状況は厳しさを増しています。福島県の復興も原発事故の後始末も先が見えないまま、原発の再稼働も進められました。

 フランシスコ教皇は今年12月8日から来年11月20日までを「いつくしみの特別聖年」と定めました。「いつくしみ深い神のもとに立ち帰ること」と「わたしたちがいつくしみ深い者になること」の両方がテーマです。聖年に限らずこれはいつでもわたしたちの信仰者として生き方の原点であり、目標です。なぜならわたしたちはイエス・キリストの死と復活を知り、「愛は決して滅びない」(Iコリント13・8)と信じるようになったからです。

 目に見えるすべてのものは過ぎ去るでしょう。財産も地位も肉体的生命も、すべてはこの世限りのものです。クリスマスも12月25日で終わり? いいえ、この時を、決して過ぎ去らないもの、滅びることのない永遠のものに心を向ける時としていきましょう。そうしたら、毎日がクリスマス!

 今年もたいへんお世話になりました。
 来る年が素晴らしい年になりますようお祈り申しあげます。

 2015/12/25



PageTop