毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

Happy Pentecost !



聖霊降臨の主日は仙台教区第6地区の合同堅信式ミサが元寺小路教会で行われたため、原町教会ではミサがありませんでした。
というわけで説教メモもありませんが、代わりに自作の「さごはち(三五八)漬け」の写真でも・・・。

聖書に「聖霊による洗礼」という言葉がありますが、元々のイメージは「聖霊の中に沈められること」「聖霊に浸されること」。ある人は「聖霊漬けになること」と言いました。いろんな野菜が同じ「さごはち」の漬け床に漬かっても、きゅうりはきゅうり、ナスはナス、ニンジンはニンジンです。わたしたちが聖霊漬けになってもそれぞれの個性がなくなるわけではありません。それが教会の豊かさなんですね。



PageTop