毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

四旬節第1主日のミサ



四旬節の最初の日曜日、寒い日でした。でも暦の上ではもう春。
大好きな桜餅の季節になりました。
南相馬市原町区の「亀屋」というお菓子屋さんで買いました。
なかなかのお味でした。

●四旬節第1主日
 聖書箇所:創世記9・8-15/一ペトロ3・18-22/マルコ1・12-15
       2018.2.18カトリック原町教会にて
 ホミリア
 四旬節が始まりました。来週と再来週の日曜日、この教会を留守にしますので、四旬節のことをまとめてお話ししたいと思います。

 四旬節は「40日の季節」という意味で、今読まれたイエスの活動開始に先立つ40日の荒れ野の日々を原型としています。そのイエスの荒れ野での断食の日々に合わせて、教会では古くから、復活祭前に40日間断食をするという習慣が起こりました。断食といっても肉を食べないという意味での断食でしたが、その日数を40日間数えるのが、教会の伝統になりました。また、日曜日はいつも主の復活の祝いの日なので断食しない、という考えもあったので、6つの日曜日を加えて復活祭まで46日間あります。
 四旬節の根本的なテーマは、イエスの受難と死を思い、イエスとともに復活のいのちの恵みにあずかる、ということです。

 イエスの死と復活にあずかる、という点で、古代から大人の洗礼式は復活祭に行われて来ました。洗礼はもともと水の中に沈み、水の中から立ち上がるという式でした。つまりキリストとともに古い自分に死んで、キリストとともに新しいいのちに生きる。これが洗礼の本来のイメージです。そこで復活祭に洗礼式が行われ、洗礼を受ける人の直前の準備期間として四旬節が形作られていきました。今日、わたしたちの教会でも洗礼志願式を行います。洗礼志願者だけが準備するのではありません。わたしたち皆が、新しい信者を迎えるのにふさわしいキリストの共同体になろうと準備していきます。

 キリストの死と復活にあずかる。すでに洗礼を受けたわたしたちも毎年、新たな思いで、よりいっそうキリストの十字架を見つめ、その愛に結ばれ、復活の喜びをキリストとともに味わうとします。
 そのための大きなテーマは、「回心」ということです。旧約聖書では「主に立ち帰る」という言い方になります。なんとなくいろいろなことに振り回されている、忙しさに流されて行く、「あれがほしい、これがしたい」という欲望や損得勘定ばかりになっていたとしたら、そこから、本当に大切なことを見つめ直すのです。根本的に、神との関係、人との関係を見つめ直す。本当にわたしの生活が、神を大切にし、人と大切にする生活になっているか。その点で、四旬節の教皇メッセージは役に立ちます。フランシスコ教皇の今年の四旬節メッセージは「不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える」という題名です。なんとも暗い感じの題名ですが、マタイ福音書からとられています。本当に今、この世界にはいろいろなことがあって、愛が冷えてしまっているのではないか、そこからもう一度愛を取り戻そう、という大きな呼びかけです。題名は暗いですが、内容は励ましに満ちています。是非読んでください。

 ゆるしの秘跡は、わたしたちの回心のための大きなチャンスです。好きでゆるしの秘跡を受ける人はいないと思います。自分の罪、過ち、いたらなさを見つめ、それを司祭の前で告白する。神の前に罪びとである自分を認め、その自分のありのままを神に差し出す。そこには痛みが伴います。でもそのことをとおして神の大きな愛とゆるしに出会うことができるのです。このチャンスを大切にしてください。幸い、来週と再来週、他の司祭が来ますから、ミサの前後にお願いすれば、ゆるしの秘跡を受けることができるでしょう。もちろん、わたしでもいいのですが、気軽に声をかけてください。司祭はゆるしの秘跡を聞くことをできるかぎり優先するように養成されていますので。

 そして、神を大切にし、人を大切にするという生き方に向かうために、教会の中で伝統的に勧められてきたのが「祈りと愛の行い」です。断食や節制というのもありますが、それはまたいつかお話ししましょう。
 祈りは、十字架の道行きのような祈りをすることもできますが、むしろ、神の前で静かに過ごす時間を大切にしたらよいと思います。本当にどれほど大きな愛によって生かされているか、イエスがどれほど大きな愛をもって十字架にかかってくださったか。思い巡らすような祈りを大切にしたいです。聖書を祈りの心で読むことも強く勧められます。

 そして「愛の行い」。人それぞれにいろいろな仕方で、愛の実践を行うことができます。日本の教会全体で行なっているのは四旬節の「愛の献金」です。これはカリタスジャパンをとおして、世界各地の貧しい人々のために使われます。カリタスジャパンは東日本大震災のような大きな災害のときの緊急人道援助がよく知られていますが、長い時間をかけた「開発援助」も大切な援助活動です。長期的に見て、貧しい人が自分たちの力でよりよい生活に向かっていけるような援助です。そのため「自立支援」という言い方もされます。よく聞く言葉に「魚を与えるのではなく、魚の捕り方を教える」というのがあります。食べる物のない人に魚を与えるような支援をしていたら、いつまでたってもその人々はもらい続けなければならない。でも魚の捕り方を学べば、自分の力で魚を得ることができるようになる。それが「自立支援」とか「開発援助」と言われるものです。このような援助のための募金の三分の一は四旬節献金によって支えられているそうです。世界中の貧しい人、苦しむ人々のことを思いながら、この愛の献金に参加したいと思います。
 



PageTop