FC2ブログ

毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

2018 仙台教区 平和を求めるミサ



平和旬間(8月6日〜15日)中の日曜日、仙台教区本部からの指示で、各小教区で、平和を求めるミサがささげられました。

●年間第19主日・仙台教区平和を求めるミサ
 聖書箇所:イザヤ11・1-11/二コリント5・17〜6・2/ルカ4・18-19
            2018.8.12カトリック原町教会
 ホミリア
 今日のミサのプリントの表紙に載せた写真は、ジョー・オダネルというアメリカの従軍カメラマンが原爆投下後の長崎で撮影した写真です。フランシスコ教皇が昨年末、この写真に「戦争がもたらすもの」と書いてカードを作成し、多くの人に配布しました。
 この写真を撮ったときのことを、オダネルさんはこう書いています。

 佐世保から長崎に入った私は小高い丘の上から下を眺めていました。すると白いマスクをかけた男たちが目に入りました。彼らは60センチほどの深さに掘った穴のそばで作業をしています。やがて、10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目にとまりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に負っています。弟や妹をおんぶしたまま広場で遊んでいる子どもたちの姿は、当時の日本ではよく目にする光景でした。しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的をもってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすりと眠っているのか、首を後ろにのけぞらせていました。
 少年は焼き場のふちに5分か10分も立っていたでしょうか。白いマスクの男たちがおもむろに近づいて赤ん坊を受け取り、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。まず幼い肉体が火に焼けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がり、真っ赤な夕日のような炎が、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。その時です。炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気づいたのは。少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が鎮まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。

 子どもたちにこのような悲しみ・苦しみを与えるのが戦争なのだ、と教皇もおっしゃりたかったのでしょう。これは20世紀の戦争の特徴でした。
 ピカソの絵で有名なゲルニカの空爆があったのは、1936年4月26日のこと。人民戦線とフランコ軍が戦っていたスペイン内戦の時代です。フランコ軍を支援していたドイツ空軍が大規模な空爆をゲルニカという町に対して行いました。焼夷弾が本格的に用いられた「史上初の都市無差別爆撃」と言われています。また、このような空爆は「戦略的爆撃」とも言われています。市民を多数殺傷することによって、敵側の戦意を削ぐことを目的としているからです。第二次世界大戦でこのような無差別爆撃は規模が拡大し、アメリカ軍は日本の都市に対して、大規模な爆撃を繰り返しました。その延長上に広島と長崎の原爆投下があったのです。
 20世紀以降の戦争の特徴は、国と国が戦う、軍隊と軍隊が戦うのではなく、軍隊が市民を殺すということです。犠牲者の中には、無防備な男女の大人たち、そしてたくさんの子どもたちが含まれます。東京大空襲を始めとした日本各地への空襲。民間人が多数犠牲となった沖縄戦。もちろん日本がアジア太平洋地域に対して行なった侵略行為も忘れることはできません。老若男女、すべての人が犠牲になる、これが現代の戦争なのです。

 日本はこの悲惨な戦争の経験の上に立って、戦後、平和憲法を定めました。それは軍隊や武器は人間を守るものではないという、20世紀前半の真実に基づいています。
 カトリック教会では、ヨハネ23世教皇が、『地上の平和Pacem in Terris』という回勅の中で、「原子力の時代において、戦争が侵害された権利回復の手段になるとはまったく考えられません」と述べました。それまでカトリック教会には「正戦論」というものがありました。特別な条件のもとでは戦争もやむを得ない、と肯定して来たのです。しかし、もはや戦争はあらゆる条件のもとでも認めることができないというのです。特に、ヨハネパウロ2世教皇やフランシスコ教皇は、はっきりとその姿勢を打ち出しています。
 何が変わったのでしょうか。教会の教えが変わったのでしょうか。そうではなく戦争が変わったのだとわたしは思っています。ゲルニカから、広島・長崎から、戦争とは軍隊が市民を殺すものになってしまったのです。そのことをこの「焼き場に立つ少年」の写真ははっきりと教えてくれます。

 軍備の増強は平和に役立ちません。核抑止論は平和に役立ちません。「あの国は脅威だ」とか、「あの国は信用できないから対話は無理だ」、「自分の国の安全を軍事力で確保する」、というような発想はまったく平和にはつながりません。これは日本だけのことではありません。世界中に戦争に向かいそうな危険な兆候があります。今だに戦争によって儲かる人はたくさんいるし、戦争したい人もたくさんいるのです。そして殺されるのは市民です。無数の大人と子どもなのです。
 今日の福音で、イエスがナザレの会堂で宣言されたように、「貧しい人、捕らわれている人、圧迫されている人」にきちんと目を向け、その人々のいのちを尊重し、その人々の尊厳を守ることこそが平和への道です。そのキリストの平和への道を歩むことができますように、心から祈りましょう。





PageTop