FC2ブログ

毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

年間第6主日



聖堂玄関の段差をなくすためのスロープが完成しました。
今回もカトリック信者でないボランティアのSさんの作品です。
ありがとうございました!

試しに靴のまま聖堂に入れるようにしてみているので、足の不自由な方からは好評です。

●年間第6主日
 聖書箇所:エレミヤ17・5-8/一コリント15・12, 16-20/ルカ6・17, 20-26
    2019.2.17カトリック原町教会
 ホミリア
 「貧しい人々は幸いである。神の国はあなたがたのものである」
 今日の福音にある有名なイエスの言葉です。マタイ福音書では「心の貧しい人々は幸い」(マタイ5・3)と言います。直訳では「霊において貧しい人々」ですが、翻訳は難しい。意味としては「神の前に貧しい人」と受け取ったらいいでしょう。
 いろいろな貧しさがあります。今日生きていくのに必要なものにも事欠いている、という貧しさもあれば、相対的貧困=豊かな人との格差が大きいとか、平均的な収入とずいぶん差がある、というような貧しさもあります。これも深刻な問題です。さらにマザーテレサが言った「誰からも必要とされていない、いらない人扱いされている」と感じるような状態、支え合い助け合う関係が断ち切られてしまったような「関係の貧困」ということも現代社会の大きなテーマです。

 でも、今日の福音を受け取るとき、この貧しい人というのは、どこかの誰かのことではない、わたし自身のことだという受け取り方はとても大切だと思います。「貧しい人々は幸い。神の国はあなたがたのもの」イエスは二人称でそうおっしゃっています。「あなたがた」と言われるのですから、それはわたしたち自身のことだと受け取りたい。
 わたしたちは皆、本当は貧しい者なのです。それは、神さまの支えなしに、神さまのいつくしみなしに生きられないという意味での貧しさです。そのことをわたしたちは本当に感じているでしょうか。

 第一朗読はエレミヤ書。
 「呪われよ、人間に信頼し、肉なる者を頼みとし/その心が主を離れ去っている人は。」
 厳しいです。「霊と肉」という言い方が聖書にありますが、「肉体と精神」というような人間の中の二つの部分という意味ではありません。聖書の中で、「霊」は神とのつながり、「肉」というのは神から切り離された人間のあり方を指します。本当は、人間は主である神とつながっていなければ生きることができない、神の霊によって生かされていなければ、神に頼らなければ生きていけないのです。それを見失って、「肉なる者」を頼りにする=人間の力に頼って生きていこうというのはダメに決まっている。そういう意味で二つの道が示されています。人間に信頼する道と主に信頼する道、あなたがたはどちらを選ぶのか。
 福音もそうです。二つの道を示します。
 「貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである。」
 「しかし、富んでいるあなたがたは、不幸である、あなたがたはもう慰めを受けている。」
 神さまなしに生きられない貧しい自分を認め、神に信頼して生きるか。それとも神さま抜きで満たされようとするのか? 二つの道のどちらを選ぶか、それを問いかけるのです。

 エレミヤ書のイメージは、木と土地の関係です。乾ききった土地では植物は育たない。水のほとりに植えられた木こそが、大きく豊かに成長する。答唱詩編で歌われる詩編1もそうですね。「流れのほとりに植えられた木が、季節になると豊かに実り」とあります。神様は水分を含んだ豊かな土地。そこにつながっていなければ、人は本当の意味で生きることはできない。この木のイメージは大切だと思います。木は動けません。植えられた土地から動けない。だからしっかりとその土地に根を張って、そこから水分や養分をもらわなければならない。しかし、人間は動物ですから、動き回ることができる。それで大地とのつながりを忘れてしまうのかもしれません。でも本当はこの大地の支えなしに、人も生きられないのです。神はわたしたちを支えてくれているうるおいのある大地。そんなイメージを持てたらいいのではないでしょうか。

 もう一つ思い浮かんだイメージは舟と海の関係です。舟が海に浮かんでいる。海なしに舟は存在することができない。海に浮かんでいなければ、まっすぐに立つこともできない。そして海なしに舟は意味を持つこともできない。海は舟にとって存在の根拠と言ってもいいし、自分の存在に意味を与えるものと言ってもいいでしょう。
 神もわたしたちにとってそういうものではないでしょうか。本当に大きな神の愛にわたしたちは支えられている。包まれている。生かされている。その神はわたしたちに生きる根拠、生きる意味を与えている。植物と大地のような関係、船と海のような関係と言ったらどうでしょうか。
 それを忘れない、というのが「貧しい人」というあり方なのではないかと思います。うるおった大地がなければ植物が育たないように、海がなければ舟が意味を失ってしまうように、神がなければ、人は本当の意味でいのちを生きることはできないのです。

 今の時代、人間はどんどん大きな力を持つようになりました。神さま抜きで何でもやっていける、そう信じるようになっています。土地がなければ水耕栽培すればいい。舟がだめなら飛行機がある。そんな勢いで現代社会は突き進んでいます。どれだけ得するか、どれだけお金を持っているか、どれだけ便利で快適な生活ができるか。それを手に入れる能力がどれだけあるか、という世界。それは結局、他人との比較の世界です。そこでの満足は自分は他の人よりもたくさんのものを持っている、という満足でしかない!
 神さまによって満たされようとする時、他人との比較は意味がありません。神から与えられた恵みをどのように皆で分かち合って生きるか、という世界なのです。その豊かさを感じたい。
 神の前での貧しさと神の前での豊かさを生きる、この大きな招きを感じながら、今日もその神への信頼と人への愛を生きることができますように祈りましょう。

PageTop