毎日がクリスマス

カトリック司教 幸田和生のブログです。説教メモなど

福島には夢がある

JP通信179

『JP通信』179号のための原稿です。 

 福島には夢がある
      幸田和生(東京教区補佐司教・カトリック東京ボランティアセンター代表)

 昨年12月の総選挙。原発問題はほとんど争点にならないまま、自民公明連立政権が返り咲いた。新内閣で環境大臣兼原子力防災担当大臣となった石原伸晃氏は就任直後に福島県を訪れ、「脱原発は現実的ではない」と語り、民主党政権が掲げた「2030年代までに原発ゼロを可能にする」という方針を葬り去った。
 「現実的ではない」という言葉は議論を封じるために大きな力を発揮したと思う。多くの人が「現実的でないことを議論しても仕方ない」と思わされてしまったようだ。それまで原発の是非やエネルギー政策のあり方をさかんに議論していたマスメディアからもほとんど議論が消えた。脱原発を主張する人間は「非現実的」な夢想家のように扱われ、何を言っても大多数の人は耳を傾けなくなった。「いくら理想を言っても、現実を直視しなければ・・・」そうやって、あの悲惨な原発事故をどんどん忘れ、ひたすら景気対策に人の心を向けて行く。今のところ、現政権の思惑は見事にあたっているようにも見える。
 「いますぐ原発の廃止を」と訴えた司教団の一員として、またキリスト者として、一人の日本人として、残念でならない。震災以来、特に福島の被災者・避難者に寄り添いたいと願って歩んできたCTVC(カトリック東京ボランティアセンター)の代表として、非常に悔しい。福島県の人々にあれほど大きな苦しみを与え、それが今もこれからもずっと続くのに、その元になった原発をただ「現実的」の一言で維持しようとするとは!
 そんな暗澹たる思いの中で、一つのフレーズが心に浮かんできた。
 「I have a dream.」
マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの有名な演説の中の言葉だ。今から50年前の1963年8月に、ワシントンD.C.のリンカーン記念堂の前で行われた演説である。
 この演説が行われたのは、1862年のリンカーン大統領による奴隷解放宣言から100年も経った時だった。しかし当時のアメリカには、まだ多くの面で人種差別が残っていた。バスの中に白人と黒人の席が別々に設けられていたり、学校やトイレ、プールでも白人用と非白人用の区別があった。この人種差別の撤廃を求めたのが、キング牧師らの率いた公民権運動だった。公民権運動の高まりの中、ワシントンへの大行進が行われ、集まった20万人以上の人々を前に行ったキング牧師の演説がこれである。以下、抜粋する。
 「私には夢がある(I have a dream)。
 それはある日、ジョージア州レッドヒルで、以前の奴隷の息子達と以前の奴隷所有者の息子達が、兄弟としてともにテーブルにつくことができるという夢だ。
 私には夢がある(I have a dream)。それはある日、不正と抑圧という灼熱に苦しんでいる不毛の州、ミシシッピーでさえ、自由と正義というオアシスに変わるという夢だ。
 私には夢がある(I have a dream)。それはある日、私の4人の子ども達が肌の色ではなく人物そのものによって判断される国に住むという夢なのだ。」
 キング牧師の夢は実現した。人種差別が完全になくなったとはいえないだろう。しかし今や50年前の夢を「非現実的」という人はだれ一人いない。
 なぜ夢は実現したのか? それは夢を持ったからだ。
 原発をなくすことによっていろいろな問題が起こるだろう。国民生活にマイナスの影響が出るのも事実だろう。だが目先の損得を計算して脱原発を「非現実的」と断じ、原発を続けることが正しいのか。子どもたち、さらにその子孫たちのことを考えたときに、今、何を現実的に選ぶべきなのか。大きな観点で原発をゼロにする、と決断した上で、そこから生じるさまざまな問題に真摯に取り組んでいくというのが、日本の、全人類の歩むべき道ではないのか。

 福島には夢がある。あきらめることのできない夢がある。
 それは、この世界から核兵器と原子力発電所がすべてなくなり、福島だけでなく世界中のすべての人が放射能の恐怖から解放されるという夢だ。子どもたちに放射能汚染のない世界を残すという夢だ。
 わたしたちにできることは、この夢を共有し続けることである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-03-30(Sat)17:48 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2015-03-12 (Thu) 10:54